山里亮太、レイザーラモンRGが語ったものまねの“ポリシー”に感動「素晴らしい」

開幕した東京オリンピックで選手たちの熱戦に心揺さぶられるなか、それに乗じて登場する芸人たちのものまねにも注目が集まっている。“あるあるネタ”でお馴染みのレイザーラモンRGも即座にものまねをメディアで披露したが、南海キャンディーズ・山里亮太が感動したのは彼のネタではなく“仕事のスタンス”だという。

28日深夜に放送された『JUNK 山里亮太の不毛な議論』のなかで、 “友人”である「天の声」がレイザーラモンRGと共演したことを明かした山里亮太。「天の声」は日本テレビ系情報番組『スッキリ』のコーナー「クイズッス」に出演していることでお馴染みだ。

そこでRGが披露したのは、開会式に登場した劇団ひとりと柔道男子66kg級で金メダルを獲得した阿部一二三選手のものまねであった。しかし阿部選手に関しては山里も「阿部一二三選手をやってるってよりも、格闘技やってる人ぐらいの感じ」と語るほどのクオリティで、「全然似てない」とスタジオを笑わせていた。

仕上がりに関しては自他ともに「似てない」と認めるほどの今回のものまねだったが、山里が感動したのは絶妙なタイミングで誰よりも早く話題の人を真似し、更にお馴染みの「あるある」も披露するという“仕事の早さ”だ。撮影中、RGは「ものまねはクオリティよりスピード」と語っていたそうで、山里はこの名言を「素晴らしいと思った」と称賛した。

これまでのものまねをみても、スティーブ・ジョブズやラグビーのリーチ・マイケル選手など絶妙な選択とタイミングで注目を集めてきたRG。『半沢直樹』『ドラゴン桜』(ともにTBS系)などの登場人物を即座に再現し、話題になることも多かった。クオリティの高いものまねを披露するタレントは他にも多くいるが、そのなかでとりわけRGが印象に残るのは「ものまねはクオリティよりスピード」という自身のポリシーが徹底されているからなのかもしれない。

画像2枚目は『レイザーラモンRG 2021年7月28日付Instagram「「スッキリ」ありがとうございました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ