中川翔子、アンチの嘘つき扱いに苦悩 「本当腹立ってる」「嫌になる」

fumumu


中川翔子

28日、タレントの中川翔子さんが自身のYouTubeチャンネル『中川翔子の「ヲ」』(登録者数58.6万人)を更新。

嘘つき呼ばわりするアンチへの苦悩を明かしました。

■禁断のエゴサ企画


この日、チャンネルではエゴサ企画を実施。本名に関するトリビア、お父さんの誕生日に関するトリビアなどのツイートを確認したのち、ヒャダインさんとの陰キャ運動会動画や、朝倉海さんとのコラボ動画について言及するツイートを目にすることに。好意的な反応だったこともあり、ここまでは「嬉しいですね、過去の動画も見てもらえて」など笑顔を見せます。

しかしその後、「中川翔子さん、ポケモンやドラクエで活躍されてますが明らかなウソをやたらめったらつくのでどういう風に見たらいいのかよくわからない」という投稿を見たことで、表情が一変しました。

【動画】嘘つき呼ばわりするアンチについて語った中川翔子さん

関連記事:中川翔子、朝倉海にストーカー撃退術を習う 2人の絡みにファンの妄想広がる

■根強いアンチからウソつき呼ばわり


「これ多いんですよね」「すごい根強いアンチにすごいウソとか言われるわけですよ」「お前がウソだからなってアンチに言いたいこといっぱいある!」などと前置きしつつ、中川さんは例として香港で開催されたファンクラブイベント関連の話エピソードをトーク。

そのイベントではお客さんがテーブルごとにネタを仕込んでくれていて、全部役満になった状態で麻雀牌を並べていたところがあったそう。ファンの「ツモって」という求めに応じる形で中川さんはツモり、それをツイッターに投稿したのですが、難易度が高い上がり方をしたと勘違いした人が多かったのか「めちゃめちゃ炎上して」しまったそうです。

■「本当腹立ってる」「嫌になる」


「わたしがウソをついて、『役満あがった』って言ってるみたいな」感じになってしまったわけですが、中川さんとしては「違うから! 香港でイベントしてたんだよ!」と改めてツッコミ。

しかし、「いちいちツイートして説明すると長くなるし、返信すると気にしてるみたいなるから」という理由で反応することもできず。「それ一生言われるから…もう本当腹立ってる」「一生懸命お仕事してもカバーしきれないというか」「ずっ真実と違うことで傷をえぐられたまま生きてるから、ホントたまに嫌になる」などと苦悩を打ち明けました。

■「気にしないで」「好きな人たちを忘れないで」


今回の動画に、コメント欄では様々な反響が。

「アンチの事なんて気にする事ないよ!」「エゴサと共に褒めてくれる言葉の数を比較してほしい」「9の良いコメントより1の悪いコメントばかりフォーカスしがちだけど、しょこたんのこと好きな人たち、ちゃんと見てくれてる人こともたくさんいるってこと忘れないで~!」など、温かいコメントが多数確認できます。

・合わせて読みたい→江頭2:50、中川翔子に「おー! エローい!」 試着企画で最低発言を連発

(文/fumumu編集部・柊青葉)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ