ちょっと不思議な“新感覚”ショートアニメ『でーじミーツガール』PV第1弾公開

SPICE


2021年10月より、MBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム枠”おしりにて放送予定のオリジナルショートアニメ『でーじミーツガール』の制作が決定した。沖縄・那覇市を舞台に、少女と少年の出会いと、ひと夏の不思議な出来事を描く。

PV第1弾公開


PV第1弾

でーじ=沖縄の言葉で、「とても」や「大変」といった意味。

物語は、沖縄で家業のホテルを手伝う高校一年生・比嘉舞星(ひがまいせ)と、本土から宿泊客としてやってきた、ちょっとワケありな謎の青年・すずきいちろう(?)の出会いによって突如巻き起こる、不思議なひと夏の出来事。部屋を泳ぎ回る魚たちや、ホテルの天井を突き破る巨大なガジュマルの木…。すずきが来てからというもの、舞星の周りでは“でーじ”なことばかりが……。
(C)波之上青年団/でーじミーツガール製作委員会
(C)波之上青年団/でーじミーツガール製作委員会

キャラクター紹介


比嘉舞星(ひがまいせ)
16歳の高校一年生。ハンドボール部だったがケガをしてしまい断念。夏休みの間、父親に頼まれた家業のホテル仕事を仕方なく手伝っている。明るく誰に対しても物怖じしない性格。
(C)波之上青年団/でーじミーツガール製作委員会
(C)波之上青年団/でーじミーツガール製作委員会

すずきいちろう(?)
本土からの観光客で「ホテルひが」に宿泊するワケありの青年。端正な顔立ちだが、常にぶっきらぼうで笑わない。その正体は…。

(C)波之上青年団/でーじミーツガール製作委員会
(C)波之上青年団/でーじミーツガール製作委員会

毎週90秒のちょっと不思議な“新感覚”ショートアニメ


監督を務めるのは、『雲の向こう、約束の場所』など新海誠作品にも初期から携わる演出家アニメーターの田澤潮。また、DAOKOのアニメMVキャラ原案をはじめ、漫画や書籍・音楽関係のイラストなど幅広いジャンルで活躍する沖縄出身の丸紅茜が、キャラクター原案だけでなく脚本も務める。アニメーション制作は、『東京リベンジャーズ』、『はたらく細胞BLACK』など多種多様な人気作品を手掛ける株式会社ライデンフィルムが担当。第25回ファンタジア国際映画祭にて特別ティザー映像の公開も決定している。

オリジナルショートアニメ『でーじミーツガール』は、2021年10月より、MBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム枠”おしりにて放送予定。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ