【先ヨミ】SHINee『SUPERSTAR』71,347枚を売り上げアルバム首位走行中 TWICE/日プ2が続く

Billboard JAPAN



今週のCDアルバム売上レポートから2021年7月26日~7月28日の集計が明らかとなり、SHINeeの『SUPERSTAR』が71,347枚を売り上げて首位を走っている。

1位と2位には、K-POPアーティストの日本オリジナル作品が並ぶ。まず1位を走っている『SUPERSTAR』は、SHINeeにとって約3年ぶりの日本オリジナル作品となるミニアルバムで、タイトル曲「SUPERSTAR」や、韓国で2月にリリースされたアルバム『Don't Call Me』の表題曲「Don't Call Me」の日本語バージョンなど、全5曲が収録されている。なお本作は、6月28日よりデジタル配信がスタートしており、2021年7月7日公開(集計期間:2021年6月28日~7月4日)のダウンロード・アルバム・チャートでは、首位を獲得した。

TWICEの最新作『Perfect World』は、56,884枚を売り上げ現在2位を走行中。本作は、2019年11月にリリースされた日本2ndアルバム『&TWICE』に続く日本3rdアルバムで、2020~21年にかけて日本でリリースされたシングル「Fanfare」「BETTER」「Kura Kura」を含む、計10曲が収録されている。

3位には、2021年7月28日公開(集計期間:2021年7月19日~7月25日)の週間アルバム・セールス・チャートで初登場2位を獲得した『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』が登場。本作は、サバイバル・オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』内で披露された楽曲を集めたアルバムで、番組テーマ曲「Let Me Fly ~その未来へ~」や、コンセプト評価曲、デビュー評価曲など計10曲が収録されている。

続いて、アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』より、Guilty Kissの1stアルバム『Shooting Star Warrior』が4位に登場。そして2021年7月28日公開の週間アルバム・セールス・チャートで1位デビューを飾ったKing & Princeの『Re:Sense』がトップ5をキープしている。同作は、リリース2週目を迎えた今週の前半3日間で12,508枚を売り上げ、累計売上枚数は47.4万枚を突破した。

◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2021年7月26日~7月28日)
1位『SUPERSTAR』SHINee(71,347枚)
2位『Perfect World』TWICE(56,884枚)
3位『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』PRODUCE 101 JAPAN SEASON2(22,429枚)
4位『Shooting Star Warrior』Guilty Kiss(13,682枚)
5位『Re:Sense』King & Prince(12,508枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ