「最短で結婚できる人」の思考法…年収よりも年齢よりも圧倒的に重要

日刊SPA!

―[結婚につながる恋のはじめ方]―

皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

◆最短で結婚できる人には共通点がある

「東京オリンピックまでには素敵なパートナーと結婚しているだろう」と思っていたのに結局、結婚できずにいる方もいるのではないでしょうか。

「2021年以内に結婚したい!」と思って婚活アプリや結婚相談所で活動している方に、最短で結婚するための秘訣を今回はお伝えいたします。

約5年、婚活業界で仕事をし、100組以上の成婚をサポートしてきたなか、最短で結婚している人は共通点があります。

それは「解釈力の高さ」です。

◆解釈次第で現実は変化する

実は自分の見えている現実というのは、「事実」ではなく、「解釈」の世界。しかし、ほとんどの人が自分の考えこそ事実で現実だと思っている人が多いのです。

考えが事実だと思ってしまうと、それが絶対的に正しいと強く思い、相手にそれを押し付けてしまうこともあるでしょう。

解釈は無数にあります。成婚している人はこの無数にある解釈という視点を持って婚活をしています。

なかなかうまくいかないことも多い婚活の中で、解釈を無数に持ち、ポジティブに考えを巡らすのは簡単なことではありません。

◆38歳男性が幸せな結婚に至るまで

私の結婚相談所で活動をする会員さんたちで、お見合い5人以内で成婚をしているのは「成婚者から紹介をされた人」「成婚者と交流を持っている人」という共通点があります。

3年ほど前に活動をしていたショウゴさん(仮名・38歳)はとてもポジティブで、医師というお忙しい仕事の合間でも前向きに婚活を進めていました。

今の奥さまとはショウゴさんのポジティブすぎる解釈力があったからこそ、つながったご縁です。

◆驚異の解釈力がつなげた縁

ご自身と同じく医師である今の奥さまとはお見合いが成立してから、実際に会うまで4か月以上かかっています。

お相手の日程がなかなか決まらず、さらには日程が決まっても2度ほど前日にキャンセル。あまりに決まらない日程にお相手の相談所から一度お見合いを白紙にさせてほしいとお願いされました。

普通なら日程が1か月決まらないだけでも、「もうご縁がないんだな」とテンションが落ちるのにショウゴさんは、「この年齢で大学病院にいると、急に呼び出しとかあるので仕方ないですよね。僕はいつでもいいので」と驚異の解釈力を持っていました。

実際のところ、お相手はもうお見合いをやめようかなと思っていたところだったようで、日程を先延ばしにしてしまっていたようです。

◆心の準備を正しくすることの大切さ

そうしてスピード成婚したショウゴさんは、その後、たくさんの方をご紹介してくださっています。不思議なことに、ショウゴさんからご紹介いただいた方は全員お見合い5人以内に御成婚になっています。

なぜかというと、実際に成婚までいっている人からの言葉でマインドセットされているからです。「そんなに簡単に出会えないこと」「自分自身の在り方」「ネガティブになることがいかに無意味か」など心の準備がすでにできていた方ばかりでした。

仲人が伝えるよりも等身大のリアルな声が聞けるため心構えが変わります。

◆考え方や見え方を増やしていく

婚活を続けていくなかで壁が訪れた際には「わかるよ」と共感してもらえ、「こんな解釈したらいいんじゃないの?」と成婚した人からアドバイスをもらえることはとても大きな追い風です。

「成婚者と交流する環境を作ることは成婚を早めるカギ!」ということで、私も定期的に成婚者さんに力を借りて、活動中の方との交流の場所を設けています。今、自分が現状をどう考えるかこそ、すべての現実をつくっています。解釈力を高め、考え方、見え方を無数に持てるようになると現実は次第に好転し、確実に婚活は卒業に近づくでしょう。

また、解釈力を高めておくことは結婚後の生活でも大切だといえます。パートナーといい関係でいつづけるためにもポジティブに物事を解釈する力は必要なのです。

ぜひ参考にしてみてください。

―[結婚につながる恋のはじめ方]―

【山本早織】

1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。メルマガ「結婚につながる恋のコンサルタント山本早織があなたの恋のお悩み解決し、最高の結婚生活の作り方も教えます」が配信中。公式ホームページ「結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織」(Twitterアカウント:@yamamotosaori_)

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ