ソニーがグラスサウンドスピーカー発売 ガラス管から音が広がり灯りで部屋を演出

OVO



ソニーは、Bluetoothワイヤレス対応のグラスサウンドスピーカー「LSPX-S3」を、8月6日に発売する。円筒の有機ガラスを中心とした本体から音を放射し、ガラス管の中にあるLEDのイルミネーションがキャンドルの炎のような灯りで部屋のインテリアとして演出する。価格はオープン、市場推定価格は3万9,000円前後(税込み)。

高音は有機ガラス管を震わせて生成し、中低音は前モデルより大口径化したスピーカーユニットによって充実させている。音はガラス管の下にあるスリットから放射され、さらに本体下部にパッシブラジエータを配して豊かなサウンドが届く。

ガラス管のイルミネーションLEDは、タッチセンサーにより32段階で明るさの調整が可能。光が揺らぐキャンドルライトモードは、揺らぎ具合の強弱や音楽に連動した動きなども設定できる。

スマホやタブレット、PCとのBluetooth接続によるハンズフリー通話もできるので、テレワークでの会議や友人との通話に使うことも可能。マイクの配置を最適化して、クリアな声を相手に届けるとともに、オンライン会議のときのハウリングやエコーも抑えるように考えられている。

専用アプリを使えば、LEDの調整や低域の強化の設定などが可能。また2台を接続してステレオ再生したり、最大100台までつないで再生したりできる機能にも対応している。本体の大きさは外径Φ94×高さ289mm、重さは約1.1kg。

当記事はOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ