2つの頭を持つヘビが2匹のネズミを同時に食べる衝撃映像(米)<動画あり>

双頭のヘビはいったいどのように食事をするのだろうか? このたび2つの頭を持つヘビが2匹のネズミを同時に食べる様子がSNSに投稿され、話題となっている。『NDTV.com』などが伝えた。

米ミシガン州ユーティカ(Utica)在住でヘビやヤモリ、オオアオジタトカゲなどの爬虫類のブリーダーをしているブライアン・バージックさん(Brian Barczyk)が今月21日、Instagramに双頭のヘビの食事の様子を捉えた動画を投稿した。

動画には「双頭の“ベン(Ben)”と“ジェリー(Jerry)”が食事をしている…」と言葉が添えられており、2つの頭を持つヘビがそれぞれの口で同時にネズミをくわえているのが見て取れる。どちらもネズミの頭部に噛みついており、口元からは動かなくなったネズミの胴体と脚がだらんと垂れている。

ブライアンさんは動画の中で「ベンとジェリーが同時に食事をすることはあまりないんだ」と説明し、「見てごらんよ! これはすごいだろう。本当にアメイジングだ!」と興奮冷めやらぬ様子で語った。

この動画には「同時に餌を食べて窒息しないの?」「同時に吞み込むことは可能なのかしら?」「消化管は2つあるのかな?」「喉は別だけど、途中で一緒になるから消化管は1つだよ」「ブログを見ると、ほとんどの場合はベンが餌を食べているようだぞ」「頭にスマイルマーク模様があるね」「これはすごい」「なぜ頭が2つあるの?」「2つの頭をもって生まれてくる人間もいるけど、長生きはしないよね」といったコメントがあがっている。

「フロリダ州魚類・野生生物保存委員会(Florida Fish and Wildlife Conservation Commission)」によると、このような奇形は胚が発達する段階で起こり、本来は一卵性の双子になるはずが上手く分離できずに双頭になるとのこと。また2つの脳がそれぞれ違う決断を下すため、捕食動物から逃げることや餌をとることが難しく、自然界で生き延びるチャンスは少ないそうだ。

なおブライアンさんは世界中を旅しては爬虫類をメインとしたブログを日々更新しており、YouTuberとしても知られるほか、ディスカバリーチャンネル(Discovery Channel)シリーズ『ヴェノム・ハンターズ(Venom Hunters)』などにも出演する人気者だという。

ちなみに昨年10月には、米フロリダ州で飼い猫が変わったヘビを捕まえて話題を呼んだ。そのヘビは頭が2つあり、右の頭が餌を追おうとしても、左の頭は違う方向に行こうとするという。



画像は『B R I A N B A R C Z Y K 2021年7月21日付Instagram「Two headed Ben and Jerry eating.」、2021年5月8日付Instagram「LET’S HELP THIS KING SNAKE MOM」、2021年4月3日付Instagram「Ben and Jerry enjoying a meal」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ