中澤佑二、丸山桂里奈、野田クリスタルら『スペース・プレイヤーズ』吹き替え声優発表

クランクイン!

 バスケットボールのスーパースター、レブロン・ジェームズが本人役で主演する映画『スペース・プレイヤーズ』の吹き替え声優陣が発表された。レブロン・ジェームズ役を楠大典が務めるほか、元サッカー日本代表選手の中澤佑二、丸山桂里奈、マヂカルラブリーの野田クリスタルら、さまざまな垣根を超えた声優陣が集結する。

本作では、米国代表として2度の金メダルを獲得、“キング”の異名を持つレブロン・ジェームズが、自身初の本人役で主演。ゲーム開発の夢を持つ息子ドンとバスケットボール選手の父レブロンが、映画会社ワーナー・ブラザースの AIスーパーサーバーの世界《無限バーチャル・ワールド》に迷い込み、映画界・エンターテインメント界を彩る作品のキャラクターと共演する。

日本語吹き替え版では、劇中でもNBA、WNBAの選手たちが演じる敵チーム<グーンスクワッド>のキャラクターに、、元サッカー日本代表・中澤佑二、元サッカー日本女子代表・丸山桂里奈、プロフィギュアスケーター・元女子シングル日本代表の村上佳菜子、そして芸能界きってのNBA好きとしても知られる一方で映画も愛する田中直樹、バスケットボール好きとしても知られゲームクリエイターでもある野田クリスタルが決定。

主人公レブロン・ジェームズ役は楠大典、アル・G・リズム役には津田健次郎、ワンダーウーマン役には甲斐田裕子、ダリウス役には八代拓といった人気声優陣が名を連ねる。

さらにルーニー・テューンズのメンバーには山口勝平、深水由美、高木渉、こおろぎさとみ、三ツ矢雄二、小形満、玄田哲章、江原正士、龍田直樹、石井康嗣、京田尚子、チョーといった豪華声優陣が集結した。

ロサンゼルス・レイカーズのフォワードとして活躍中のアンソニー・デイビス選手役/ザ・ブロウ役を担当する田中直樹は、映画のようなバーチャル・ワールドについて「(興味は)あります!夢のようなキャラクター達と一緒に生活できるわけですもんね。でも(そこから)出れるという約束がないと嫌です、仕事もあるので(笑)。レブロンのように必死になって勝ちにいくと思います」とコメント。

NBAのプレーオフでレブロン・ジェームズと対戦もしているスーパープレイヤーで現在米国代表として来日中のデイミアン・リラード選手役/クロノス役を担当する中澤佑二は「(今回のアフレコで)実際にレブロンと対決しているような気持ちになれた」と話し、もし実際にレブロンを止めるとしたら? と聞かれると「(レブロンは)サッカー界でいうクリロナ(クリスティアーノ・ロナウド)。とにかく2~3人で囲むかたちでゴールからなるべく遠ざけたところでプレーしてもらう」と述べ、元日本代表のディフェンダーとして君臨した片鱗を感じさせた。

オールスター常連のクレイ・トンプソン選手役/ウェット・ファイヤー役を担当する野田クリスタルは「バスケ好きとして(レブロンは)いつかは倒さなきゃいけない存在だと思ってたので、こうやって(映画の中で)闘えてよかった。次は実際に会って、レブロンの頭の上からダンクをかましたい」と憧れの存在への闘志を燃やす。

WNBAの新人賞や6度のオールスター出場と優勝経験もあるネカ・オグウマイク選手役/アラクネカ役を担当する丸山桂里奈は「ネカ選手は現役の時の自分に似ている」と愛着を語り、さらに好きなWBキャラクターは“キングコング”だとしている。

4度の金メダルを獲得したダイアナ・トーラジ選手役/ホワイト・マンバ役を演じる村上佳菜子は、大好きなキャラクターだというトゥイーティーらと敵対する役どころについて、「(敵キャラとして)悪い部分を出さなくてはいけなかったが、なかなか声を低くしたりするのが難しかったけれどお腹の底から精一杯出しました」と語っている。

映画 『スペース・プレイヤーズ』は8月27日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ