多くのクリエイターたちが注目するDoul、初EP“One BeyonD”とリード曲MVを配信開始

E-TALENTBANK


楽曲、 ヴィジュアルなど全てを自己プロデュースする18歳のアーティスト“Doul”。昨年9月にデビューし、 まもなく国内外にファンを獲得してきた彼女が7月28日に自身初となるEP「One BeyonD」とリード曲「Bada Bing Bada Boom feat.Zag」のミュージックビデオを配信した。

世界90ヶ国、3,000以上のプレイリスト入りをしたデビュー曲「16yrs」、Spotify「VIRAL 50(Japan)」の上位にチャートインした「Howl」の既発2曲、配信を前にして既に世界中の人気TikTokerたちが使用している激キャッチーなリード曲「Bada Bing Bada Boom feat.Zag」やフィンランドの気鋭プロデューサーと共作した楽曲などの新作3曲の計5曲を収録した作品となっている。

そして、 YouTubeが新人アーティストをサポートするプログラム“Foundry 2021”に選出された。 これは過去にDua Lipaも選出されている。Doulが世界に羽ばたく足がかりになりそうだ。

なお、「Bada Bing Bada Boom Feat.Zag]ミュージックビデオも前作に続き、ソニーが先日国内本格導入した体験”360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)“を駆使した音源とリンク、疑似体験出来るものになっており、全方位から音が降り注ぐ、新しい音楽体験で世界中から注目されている。サウンドと映像でこの楽曲の中毒性を増幅する内容となっている。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ