SKY-HI主催オーディション「THE FIRST」“クリエイティブ審査”のメイキングMV公開

dwango.jp news


SKY-HIが設立したマネジメント/レーベル“BMSG”主催によるボーイズグループオーディションおよびそれを追った番組「THE FIRST」。話題沸騰中の同番組から、3本のメイキングMVが同時公開された。

同番組の合宿審査で最初に行われた“クリエイティブ審査”は、オーディション参加者自身が作詞・作曲・振り付けまで行うというもので、既存の国内のオーディションとは一線を画す試みとなった。SKY-HIが「音楽と、彼らの心や感情、人生そのものとの距離を縮めるため、審査のためにも育成のためにも絶対に必要」と話して実施されたものだ。



ベースとなるトラックを国内外有名アーティストのプロデュースで名を馳せるMatt Cab & MATZの二人が提供し、番組では全員でスタジオに入り楽曲を制作するシーンや、自分たちで振付けを作っていくシーンなども見どころとなった。

15人がTeam A、B、Cという5人ずつ3つのチームに分かれてそれぞれ発表したパフォーマンス映像は、いずれもYouTubeに公開後から平均1週間で100万回再生を超えるほどの人気を集めている。特にTeam Aによる『“A” Life』に至っては現在200万回再生を突破するなど、オーディション参加者たちの自作曲に対する反響としては異例の事態となっている。

そんな3つのチームによる『“A” Life』『Good Days』『YOLO -You Only Live Once-』の3曲が、今回メイキングMVとして公開された。楽曲の制作過程でレコーディングされた音源に乗せ、未公開シーンも織り交ぜた感動的な作品に仕上がっている。

Team Aの『“A” Life』は、ダンス世界一を4度経験したソウタ、元大手事務所育成生のレオ、SKY-HIのバックダンサーも経験したことがあるテン、小学生の頃から歌とダンスを磨きNYへの音楽留学経験もあるマナト、国内大手オーディションのファイナリストでもあったナオキの5人が、彼らの今まで、そしてこれからを真っ直ぐな言葉で綴った楽曲だ。デビュー前であることが信じられないほどの高いクオリティでパフォーマンスされた審査本番までの過程が、メイキング映像の中で描かれている。

Team Bの『Good Days』は、14歳のリュウヘイがコンテスト受賞者や俳優経験者など実績も年齢差もあるメンバーを徐々にクリエイティブで牽引していく姿、音楽経験のないリョウキがチームとしての音楽作りに目覚めていく姿、ダンス経験がないことに焦りを見せながら圧倒的な歌唱力を見せたジュノン、メンバーのダンス経験の差に戸惑い苦しみながら振付けを完成させていくラン、作詞・作曲経験者ながらグループを率いるということに関して苦悩するシュンスケ、といったメンバーの苦悩や成長から生まれた楽曲だ。メイキング映像には、そんな葛藤を乗り越えていく彼らのドラマが込められている。

Team Cの『YOLO -You Only Live Once-』は、ソロアーティストとしての活動経験もある23歳で最年長のショウタ、MCバトル等に出場してきたラッパーのタイキと比類なき才能で合宿まで進んだルイの最年少13歳コンビ、18歳で歌・ダンスともに未経験のレイ、17歳にして歌とダンスのレッスン歴が10年にもなるシュントという年齢もバックグラウンドもバラバラの5人が、それぞれの壁を乗り越えて団結力を高めながら完成させた。彼らの心温まるアットホームな10日間の物語がメイキング映像に凝縮されている。

以上、今回公開された3つの動画を通して「THE FIRST」参加者15人の成長のストーリーを楽しんでほしい。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ