なんか態度変わった?男が「冷めてきているとき」のサイン4つ

ハウコレ

「彼の様子がおかしい」と感じると不安になりますよね。男性が冷めていることに気づき原因を追究しなければ、いずれ別れがきてしまいます。今回は男性が冷めてきているときのサインを4つご紹介します。

■デートの頻度や時間が減る
大好きな彼女とはできるだけ長く一緒に過ごしたいと感じるものです。仕事や体調不良といった理由は仕方がないですが、今までと環境は変わらないのにデートの頻度や時間が減るのは男性が冷めてきているサインです。「趣味を楽しみたい」「友達といた方が楽しい」と思っている可能性があります。たとえ頻度や時間が変わらなくてもデートの内容がいつも同じ場所、すぐにホテルや家に直行という場合はあなたに冷めてきているのかもしれません。

■褒めなくなる
髪を切ったときや新しい服を着てデートに行ったときなど、大好きな彼女であれば「髪切った?可愛いね」「そのワンピース○○ちゃんに似合ってる」といったように褒めます。いままでちょっとした変化でも気がつく彼が、イメチェンしてもスルーで褒めてくれなくなったときは冷めてきている証拠です。

■記念日や誕生日など大切なイベントを忘れる
彼が記念日や誕生日など大切なイベントを忘れたり、覚えていても適当だったりするときは冷めているサインです。本命の女性であれば「喜ばせたい!」「笑顔が見たい」と前々からしっかりと準備をするものです。大人になると記念日や誕生日当日にどうしてもはずせない仕事が入ったなど祝えないことがあるかもしれません。ですが、万が一当日に祝えないときは事前に伝えますし、前もってまたは後日しっかりと祝ってくれるはずです。

■LINEが既読スルー
大好きな女性のLINEはすぐに返したくなってしまうのが男性の心理。女性のように少し返事を遅らせて駆け引きしようということは苦手な男性が多いです。なので、男性からのLINEの返信が遅くなり、既読スルーが増えてきたときは要注意。「彼女とLINEをしても癒されないし楽しくない」と冷めているのかもしれません。男性が冷めているサインを感じ取ったときは自分に原因がないかよく考えましょう。過度な束縛や彼の態度にイライラして怒ることは逆効果ですよ。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ