大橋未歩、再婚の決め手は?「夫が煎餅屋やりたいって……」

 

7月26日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、大橋未歩アナウンサーが、11歳年下でテレビ東京ディレクターの上出遼平氏と、人生を共にしようと決めた面白エピソードを明かした。

 

大橋未歩「面白い人生を誰に求めるか」

「あなたはオリンピックを観ていますか?」という話題で、投資家の若林史江が、夫からオリンピックを無理やり見せられる“オリハラ”を受けていると愚痴ると、大橋は「私、夫にオリハラしてるかもしれない」と打ち明けた。「夫はずっと『ネットフリックスにしてくれ』って。でも私は『お願いだから』って、ずっとやり合ってるんですけども、その中でも私は“特に観て良かったもの”を夫に毎日プレゼンするっていう事をさせてもらってます」とニッコリ。

 

またお笑い芸人のバービーが「結婚しても自由に私らしくいられるか不安」との悩みを吐露した記事を受け、大橋は「アナウンサーも10年前20年前は『結婚したら人気が落ちる』って言われてましたけれどもね」と話し、MCの垣花正から「結婚しても立ち位置は変わらなかったですか?スタンスとか」と聞かれると、「全く変わらないし、やっぱりパワーアップできると思ってるから結婚したんでしょうし」と語った。

 

続けて「私は不安定が好きなんですよ。逆に安定が怖いんですよ。だから夫はどうなっちゃうか分かんないぐらい不安定さがあったので」と結婚の決め手について明かし、エピソードとして「はじめ『夢はなに?』って聞いたら、『ハッピーハッピー煎餅っていう煎餅屋をやりたい』って言われたんですよ。だからコイツいいな!と思って」と自ら爆笑。

 

これに若林が「結婚に不安定を求めてたんだ」と笑うと、大橋は「やっぱりその方が面白いから」と話し、「面白い人生を誰に求めるかですよね。分からないですよね」と語った。

※トップ画像は『5時に夢中!』公式サイトのスクリーンショット

(めるも編集部)

 

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ