【たんばらラベンダーパーク】早咲き・中咲きがまさに見頃!ラベンダーの香りのなか爽快トレッキング

ウレぴあ総研

首都圏から約2時間とアクセス抜群の「たんばらラベンダーパーク」は、関東最大級! 5万株のラベンダーが咲き誇るフラワーパークです。

標高1,250~1,350mに広がる高原で、最高気温は平均25℃。ラベンダーの香りによる癒し効果も手伝って、避暑リゾートとして人気を博しています。

今年はラベンダーを使ったオリジナルメニューも多彩にラインナップされているそう。そんなたんばらラベンダーパークの最新レポートをお届けします。

■首都圏から約2時間!視覚や嗅覚でラベンダーを堪能しながら遊歩道を歩く!

たんばらラベンダーパークへは電車・バスツアーも多彩に用意されていますが、今回はクルマ移動です。

東京からなら関越道で沼田ICまで約90分。そこから一般道を30分ほど。所要時間はたった2時間という、首都圏の日帰り旅行に最適な立地なんです。

無料の駐車場に車を停めたら、さっそくリゾートセンターへ。

チケットを購入しゲレンデ側に出ると、パッと目に入ってくるのが「彩(いろどり)の丘」。サルビアやマリーゴールドなどが、赤や黄色、紫に咲き誇る色鮮やかなフォトスポットになっています。

「彩の丘」をゆっくり観賞したいところですが、まずはラベンダー! ということで、夏山リフトで約10分の空中散歩。メインエリアのハイランドガーデンに急ぎます。

ハイランドガーデン最上部にある「大展望台」は一番人気の記念撮影スポットで、渋滞してしまうことも。それを避けるためには早朝来場で、いの一番に大展望台を目指すのがおすすめです。

リフトを降りたら、まだ人の少ないハイランドガーデンを歩いて「大展望台」へ。舗装された遊歩道があるので、のぼりも楽々。

ラベンダーの爽やかな香りと紫色のかわいらしいお花を堪能しながら、約10分ほどの爽快トレッキングです。

ただ、じつは「大展望台」近辺は遅咲きのラベンダー品種が植えられていて、取材日はちょっと早かったよう。遅咲きの見頃は7月下旬となりそうです(写真は過去に撮影されたものです)。

その後はハイランドガーデンで、ラベンダーに思う存分、癒される時間を堪能しました。

ちなみに、ラベンダーには早咲き・中咲き・遅咲きの品種があります。視覚で楽しむなら、写真映えする濃い紫色が特徴の早咲き「こいむらさき」がおすすめ。

嗅覚で楽しむなら、よく香水にも使われる繊細な香りの中咲き「おかむらさき」や、清涼感ある香りの遅咲き「グロッソ」の開花時期を狙うのがベストです。

■ドライフラワーにして自宅でもラベンダーを感じよう!

8月9日までの期間限定で楽しめるのが、ラベンダー摘み取り体験。摘み取りエリアには様々な種類のラベンダーが植えられており、気に入ったお花をカットして自宅に持ち帰ることが可能です。

帰宅後はドライフラワーにして、ご自宅でもラベンダーの香りを堪能してください。

ハサミやラベンダーを止める輪っかなどは借りられるので、手ぶらでOK。紙包みなどもあるので、電車やバスで来ていても安心ですね。

【開催期間】2021年7月17日~8月9日(予定)※雨天中止

【営業時間】10:00~12:00/13:00~15:00

【体験料金】1,000円/1名

■ラベンダーソフトクリームはシーズン6万個販売!冷やしラベンダーラーメンなど新メニューも

たんばらラベンダーパークに来ると、2人に1人が食べるという人気スイーツが「ラベンダーソフトクリーム」。ラベンダーの爽やかな風味とひんやり食感が人気の秘訣のようです。

さらに、「冷やしラベンダーラーメン」や「オリジナルスコーンとハーブティーセット」が新登場! たんばらオリジナルメニューは要チェックです。

■「たんばらラベンダーパーク」公式サイト

DATA

■TEL/0278-23-9311

■住所/群馬県沼田市玉原高原

■料金/(入園料)中学生以上1,000円 ※小学生以下無料、ペット400円 (夏山リフト:片道)中学生以上500円、小学生400円 ※未就学児無料

■交通/関越道 沼田ICから約30分、JR上越新幹線 上毛高原駅から直行バスで約75分、JR上越線 沼田駅から直行バスで約45分 ※直行バスは7/22~8/15運行

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ