金メダル獲得したイギリスの“飛び込み王子” LGBTQ+の若者達へ励ましのメッセージ

東京オリンピックの男子シンクロ高飛び込みで金メダルを獲得したイギリス代表のトム・デイリー選手(27)が、記者会見で自身がゲイであることについて語った。トムは2013年にカミングアウトした当時を振り返り、「どんなことでも成し遂げられる」と若い世代のLGBTQ+に向けて励ましの言葉を送った。

26日に行われた東京オリンピックの男子シンクロ高飛び込み決勝で、イギリスのトム・デイリーとマティ・リーが中国の曹縁と陳艾森に勝利し、金メダルを手にした。

トムは2008年のヨーロピアン・チャンピオンシップで史上最年少の13歳で金メダルを獲得、同年開催の北京オリンピックでは14歳で初出場し、7位を記録した。

今回の試合後に記者会見を行ったトムは、「自分がゲイであること、そしてオリンピックのチャンピオンであることを信じられないほど誇りに思う」と述べ、成功の背景にある自身のストーリーを明かした。

「僕は2013年にカミングアウトした。若い頃の僕はいつも孤独で人と違っていて、どこか違和感があって、どこにも属さない人間のように感じていた。僕には社会が求めているような良い人間には絶対になれない―という何かがあったんだ。若いLGBTの人には今、どんなに孤独を感じていても、君は1人じゃないってことを知ってもらいたい。どんなことでも成し遂げられるんだ。」

トムはこれまでに、ロンドンとリオで開催したオリンピックでそれぞれ銅メダルを手にしている。2017年には米国人脚本家ダスティン・ランス・ブラック氏と結婚、翌年には代理母により息子ロビーくん(3)をもうけた。夫とはLGBTQ+の権利活動も行っている。

会見席で中国選手とロシア選手の間に座ったトムは、中国人記者からの質問に「僕にとって最も素晴らしい、人生が変わるほどの道のりだった。早く息子と夫に会って強く抱きしめ、信じられない道のりを祝福したい」と答えた。中国とロシアはともに同性婚が違法であり、彼の言葉が放送されたか否かは明らかではない。

トムの父ロバートさんは、ロンドンオリンピックの1年2か月前に40歳の若さで他界している。トムは17歳だった当時を振り返り「父が2011年に亡くなった時は、僕は本当に気が滅入った」と明かし、こう続けた。

「父は僕がオリンピックでメダルを獲得したり、結婚して子供を持つことを見ることができなかったんだ。僕に運転を教えたり、パブで一杯やることさえもね。」

そんな彼を支えて励ましてくれたのが、夫のダスティンさんだったという。

「2016年のリオでは自分のパフォーマンスに失望した。その後に夫が『君のストーリーはここでは終わらない。オリンピックのチャンピオンになるのを、僕達の子供が見るはずなんだから』と言ってくれたんだ。」

なおトムは6月に膝の手術を受けた後に歩けなくなり、来日時に苦労したことも明かしている。



画像は『Tom Daley 2021年7月26日付Instagram「OLYMPIC CHAMPIONS!」、2021年6月20日付Instagram「Happy Father’s Day!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ