デュア・リパ、コラボ相手ダベイビーの同性愛嫌悪発言を非難

Billboard JAPAN



デュア・リパが、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”でTOP5入りした「レヴィテイティング」のリミックスでコラボしているダベイビーによる同性愛嫌悪発言を非難するコメントをインスタグラム・ストーリーズに投稿した。

彼女は「ダベイビーの発言に驚いていますし、ぞっとしています。私が一緒に仕事をした人と同一人物とは思えません」と綴り、「私の心がどこにあるか、そして私がLGTBQコミュニティと100%連帯していることを私のファンは理解してくれていると思います。私たちは一つになり、HIVとエイズにまつわるスティグマ(烙印)や無知と闘わなければなりません」と続けた。

先週末、米マイアミにて開催された音楽フェスティバル【Rolling Loud】の最終日のトリを務めたダベイビーは、パフォーマンス中に「今日、HIVやエイズなど2、3週間で死ぬような性病に感染せずに来場してたら、スマホのライトを挙げてくれ!女性は、アソコが水のような匂いだったら、スマホのライトを挙げてくれ!男性は、駐車場でフェラしてるような奴じゃなきゃ、スマホのライトを挙げてくれ!」と観客を煽っていた。

翌日、彼は自身の発言について、当日その場にいなかった人々には「関係ない」とインスタグラム・ストーリーズで反論し、クィアな人々、HIVやエイズを患っている人々をさらに傷つけるコメントを行った。「俺のゲイのファンはエイズなんて持ってない、バカ野郎。エイズは持ってない」と彼は述べると、「俺のゲイのファンは、きちんと自分の世話をしてる。汚い、ゲイな奴らじゃない。俺が言ってることわかるか?ストリートにいるジャンキーのような奴らじゃないんだ」と続けた。

これらのコメントを受けて、デュア・リパのファンは、ダベイビーのヴァースを「レヴィテイティング」のリミックスから削除することを呼びかけ、一部のファンはメーガン・ザ・スタリオンやゲイを公表しているリル・ナズ・Xのヴァースを代わりに追加するべきだと訴えた。デュアは声明の中で、ダベイビーをリミックスから外すことについては触れていない。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ