ピンクダイヤの次は惑星を購入? 「人類初の惑星の所有者」がLil Uzi Vertになるかも

GettyImages-1182593151
Image: Theo Wargo / スタッフ / Getty Images

「買ってどうするの?」なんて聞くのは野暮ってもんです。

アメリカのラッパーのLil Uzi Vertが、地球から約520光年離れた外惑星「WASP-127b」の購入を検討しているそうです。ネタ元のHypebeastによると、もし本当に購入すれば人類初の惑星の所有者になるらしいですよ。惑星って、買えるんですね…。

Lil Uzi Vertは、額に約25億円のピンクダイヤモンドを埋め込んだり、埋め込んだダイヤをやっぱり外したり、大統領選挙出馬を表明したり、Rich the Kidとスターバックスで喧嘩したりと、お騒がせネタに事欠かないラッパー。今回の惑星購入は、次なるお騒がせトピックというわけ。

イーロン・マスクの奥さんであり歌手でもあるグライムスのツイートによると、「WASP-127b」を合法的に所有する手続きは済んでいるとのこと。買えたとしても現物を見に行くことは難しいと思いますが。



「WASP-127b」は地球の12倍近い大きさの木星の、さらに約1.3倍にもなる巨大なガス惑星。もちろん人は住めません。一昔前に、月の土地の購入がにわかに盛り上がりましたが、その次のステップは惑星の購入なのかしら。いや、値段が比ではないか…。

Source: Hypebeast, Twitter

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ