四千頭身・都築、今のお笑い界で“納得がいかない”こととは?「借金をすればするほど…」

E-TALENTBANK


7月26日深夜放送のテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に、四千頭身・都築拓紀が出演した。

【関連】四千頭身・都築、広瀬アリスに“脈アリ”?を感じたエピソード「凄かった」

今回の放送では、都築ら“令和芸人”と、平成ノブシコブシ・吉村崇ら“平成芸人”が、さまざまな芸人の常識を巡って意見を交わすという企画を放送。

この中で、芸人の金銭感覚について、“後輩に奢るために借金までするのはどうなのか?”という話題から転じて、都築は、「借金って、よくないじゃないですか?本来」と切り出した。

続けて、「やっちゃいけないことが美談になるじゃないですか、この業界は」「それだけちょっと納得いかなくて」「真面目に生きる人がどうしてもバカ見ちゃうというか」と自身の意見を述べた。

これに吉村が、「まともじゃないから、俺らなんてね。芸人なんてやっぱ」と返すと、都築は、「その正義だけちょっとずるいんですよね」と反論し、「僕は借金をしないように頑張ってきたんですよ」「少ないお金の中でなんとかやりくりして」と明かした。

そして、「最近“クズ芸人”が流行ってるじゃないですか」「借金をすればするほどテレビに出れる、注目される。みんなもそれを面白がれるっていう」「人間としてやっちゃダメなはずなのに」と、改めて“借金を面白がる”という風潮に疑問を呈した。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ