ヒカキン、YouTubeの自動字幕に爆笑 衝撃的な文章に「神回すぎる」

しらべぇ




ユーチューバーのヒカキンが27日、自身のYouTubeチャンネル『HikakinTV』で、YouTubeの自動字幕を実況する動画を6年ぶりに投稿。人気企画の復活にファンから歓喜の声が相次いだ。

■自動字幕の精度向上は…


ヒカキンが投稿した6年前の動画のコメント欄に「今の字幕機能かなり性能上がったよ」と書かれていたため、直近に投稿した動画で検証していくことに。しかし、喋っていない箇所で「バッハいます」と字幕が出たり、オープニングの「HikakinTVエブリデイ」の箇所が「ピケ機tfpって」と出たりと動画冒頭からうまくいかず。

「精度上がってるか? これ…」と心配するヒカキンの予感は的中。ところどころ合っている箇所もあったが、「ブンブンハローYouTube」の挨拶も「えろなうろーよ中」と表示され、「登録、登録、登録」とチャンネル登録を促す曲の歌詞も「ガーラックターナプーパーラー」と原型をとどめていない結果に。

■歌系で面白さの本領発揮


動画最後の「登録」の歌も「ターラ来たら来たああっどぅ ターナ2 taptor ラプターラスター ええええええええええええ」と出てしまい、ヒカキンは「歌系がおもしろすぎる」「これはヤバいわ」と大爆笑。

兄でユーチューバーのセイキンの「SeikinTV」が「精勤遊説カーセキュリティ」と表示されたり、セイキンの名前が「生菌」「納税犬」「大製品」と表示されたり、歌系ではまったく機能していなかったりする自動字幕だが、6年前に「ひき逃げです」と表示された「ヒカキンゲームズ」が表示されていて、多少の精度向上は確認できたよう。

「次は6年後ですかね!」「大丈夫かな、38歳の頃にどんくらいまた精度が上がってるかね。僕が何とか頑張れてたらやりたいと思います」と次回の同企画を楽しみにしていた。

■「神回すぎる」と反響


実況をしていたヒカキン同様、ネット上でも「どこをツッコんでいいかわからなくなるくらい全てが面白すぎ」「お腹よじれるくらい笑いました」「神回すぎる」「精勤遊説カーセキュリティはパワーワードすぎる」と爆笑するファンが相次いだ今回の動画。

6年ぶりの字幕実況について、「字幕実況好きだったから嬉しすぎる!」「また6年前の動画も見てみよっと」「6年前のやつからずっと待ってたけどまさか叶うとは思わんかった」と喜ぶ声も数多くみられている。

■自動字幕にヒカキンが大爆笑

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ