iPhoneを自力で修理するための基本的な分解工具

ラジオライフ.com


iPhone修理の基本となるのが、液晶パネルの開封です。iPhoneの各種パーツ交換を行う際の下準備といえる作業になります。液晶パネルやドッグコネクタ、背面カメラなどのiPhoneのパーツ交換はすべて開封作業を行った上で行わなければなりません。豊富にラインアップされたiPhoneの分解工具を使えば、中古端末の劇的ビフォーアフターも可能なのでした。

iPhoneを自力で修理するための基本的な分解工具

iPhoneの特殊ネジを外す分解工具


iPhoneの液晶パネルの開封は、充電端子の横にある特殊ネジを外す作業から。五角の星形の頭をした2つの特殊ネジをiPhone分解工具「ペンタローブドライバー」で外すのです。ホームボタンの少し上の位置に、プライヤーの吸盤を貼り付けて開いていきます。

液晶パネルとメイン基板はフレキシブルケーブルが3か所つながっているので、力を加え過ぎないように注意。液晶パネルを外したら、防水シールを取り除きます。シールは、プラスチックヘラ小で溝を擦るように剥がしていきましょう。

続いて液晶パネル。スピーカーユニット上の金属プレートを取り、充電基板の端子を外します。この時、液晶パネルとタッチパネルの端子も一緒に外しておきましょう。

iPhoneの分解に使用する基本的な工具


最後にフロントカメラ。金属プレートを取り除き、端子を外して本体と液晶を分離。ここまでがiPhoneの液晶パネルの開封作業です。

こうしたiPhoneの分解に使用する基本的な工具は次の通り。「ペンタローブドライバー」「プラスドライバー」「Y型ドライバー」「ピンセット」「プラスチックヘラ小」「プラスチックヘラ大」「オープニングプライヤー」です。

他にも金属ヘラやピックなどがあると、さらに便利です。簡易的な修理用工具は互換パーツなどにも付属しますが、ある程度しっかりしたものを使った方が作業効率は上がるでしょう。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ