圧巻のボリューム! ほっともっとの「1本うな重」は予約した人しか買えないと気づいて絶望していたら…店員さんのひと言で光が!!



はじめに頭を下げさせてほしい。当サイトの読者に、喜んでいただけると思ったのだ。なんてったって、うなぎの蒲焼がドドンと乗ったうな重である。ガッツリボリューミーで、みなさんきっと、心惹かれるに違いない。

そう思い、事前予約して受取ったところで気付く。ほっともっと『1本うな重』は、予約していなければ2021年7月27日時点では手に入れる手段がないことに……。

なんという大失態。言い知れぬ虚無感に襲われていたところ、ひとつの光が差した。店員さんの助言により『1本うな重』ではないものの、その雰囲気を味わえる商品があることが発覚したのだ。

・ネットで事前予約制だった「1本うな重」
なんの話やねん、と思ったみなさん。これは持ち帰り弁当の「Hotto Motto(ほっともっと)」が販売するウナギの話である。同店にはうな重メニューが数あるが、その中でもひときわ異彩を放つのが『1本うな重(税込1980円)』……だった。

その名の通りウナギが1本丸っと白米の上に乗った商品で、手にするとズシっと重く、もうその重量感だけで幸せ極まれりである。しかしながら同商品は上記した通り、事前予約制。ガチョーン……!

2021年6月22日から7月22日までの間に予約すると、土用の丑の日である7月28日を含む3日間で受け取ることができたのだ。つまり繰り返しになるが、今から手に入れる手段がない。なさすぎる。

「OMG! いやいやいやいや……もっと早く言えよ!!」と思ったアナタ、ごもっともです。記者もその通りだと思う。本当にごめんなさい。阿呆な記者が日付を誤って認識しており、このような事態に陥った次第だ。

いやあ、フリーランスって日付の感覚が狂いがちだよね(テヘペロッ涙)。店頭にてこの失態に気付き、どうにかせねばと店員さんに『1本うな重』について尋ねてみた。すると、目からウロコな答えが返ってきたではないか。

『うな重・Wうな重』があるじゃない! (1本うなぎ重と)同じウナギですし、今から新たに購入希望でしたら『うな重・Wうな重』をどうぞ♪ 

なんと、ほっともっとでは『うな重(790円)・Wうな重(1390円)』が絶賛販売中であり、こちらは事前予約なしでも買えるのだ。なんでも『1本うな重』と同じウナギということで、結構な勢いで店員さんにオススメされてしまった次第。

その手があったかと思わざるを得ない。親切な店員さんの対応に乗じて、一応、来年も『1本うな重』が販売される可能性があるだけ聞いてみた。が、確かなことは言えないようだった。そりゃあ、そうだ。

・うな重もやはりウマい
せっかくなので、事前予約で手に入れた『1本うな重』と併せて『うな重』もその場で購入。持ち帰り、比べてみることにした。やはり『1本うな重』の視覚に訴えて来るボリュームに圧倒される。

なんてったって『1本うな重』には、切り身が9枚も乗っているのだ。全長は約21㎝である。対する『うな重』は、切り身が3枚。うなぎの量としては、約3分の1だ。

インパクトは正直劣るが、食べてみたところ味は負けていない……! さすがは店員さんが同じウナギだと言っていただけあるぞ。

ほっともっとのウナギ(うな丼)については、以前当サイトでも紹介している。その記事で言及している通り、確かにタレに少しクセがあるように感じる。

がしかし、しょう油の風味が強いくらいで、気にはならないレベルだ。もしかして、美味しさを求めて年々改善されているのかもしれない。ウナギ自体はそこそこふっくら、口に入れるとキュっと。

サッパリ目で食べやすく、タレと山椒の効果も手伝ってペロッと平らげてしまうこと請け合いだ。ウナギは専門店で食べるだけでなく、気軽にいつでも食べられるものへと年々移行しているなあと改めて感じた次第。

ほっともっとの『1本うな重』については(記者の不手際によるところが大きいが)今から入手叶わず。しかし、同店ならではのウナギを味わう手段はまだ残されていることを、心の片隅にでも留め、いざという時には活用してほしい。

参考リンク:ほっともっと うな重・Wうな重
執筆:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ