今更聞くのは恥ずかしい!?知らないとまずい”ビジネス用語”5選

liBae


皆さんはビジネス用語をどのくらい知っていますか?
ビジネス用語は種類も多いため、必ずしも全て覚える必要はありませんし、わからなければその都度調べれば良いでしょう。
この記事では、知らないと恥ずかしいビジネス用語を紹介します。

ワークライフバランス


ワークライフバランスという言葉は学校の授業でも習いますのでご存知の方も多いのではないでしょうか?
その名前の通り仕事と生活のバランスで、どちらも充実化することを指します。
「ワークライフバランスの良い会社に入りたい」などというふうに使われます。

リテラシー


リテラシーはある情報への知識と理解度が高いことを指します。
使われ方としては、リテラシーが高い、リテラシーが低い、リテラシーを身につけるなどです。
リテラシーにも種類があり、情報を活用できるかを指す情報リテラシー、情報を正しいのか判断するメディアリテラシーなどがあります。

ワークフロー


ワークフローとは業務の流れやプロセスのことを指します。
それをわかりやすく図にまとめたものです。
ワークフローは業務の最初に使われることが多く「今後のワークフローについて確認します」などといった使われ方をします。

リソース


リソースとは業務を行う上の必要な人数や時間などです。
料理に例えると材料のことです。
使われ方としては、リソース不足、リソースを割くなどが挙げられます。
似た言葉としてはアセットが挙げられます。

マスト


マストとは絶対に必要なもののことです。
英語そのままの意味で必須なもののことを指します。
もし業務で「マスト」という言葉が出てきたものは、絶対に外せないということを指しています。

ビジネス用語は種類が多いため覚えるのも一苦労ですが、覚えていないと業務に支障が出ることもあります。
最低限のビジネス用語を知って、業務を円滑にさせましょう。
(liBae編集部)

当記事はliBaeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ