【12星座別】男性が惹かれる「アラサー女性の“大人の魅力”」

ananweb

30代を迎えたことで、10代20代の頃にはなかった新たな魅力を身に付ける人もいるでしょう。では、人生の波に揉まれながら身につける魅力とはいったいどのようなものがあるのでしょうか? 今回は12星座別に、【30代女性が持つ大人の魅力】について詳しくご紹介します。
■ おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座は大人の階段をのぼっても、退屈な忖度はしません。自分が正しいと思えば信念にしたがって行動するでしょうし、表面だけ整えられたものを根っこから崩すようなこともあるはず。

大人になるにつれて“諦めること”を覚える人が多いなかで、おひつじ座だけは若い頃の荒ぶる情熱を失わないのです。またそれが、ほかの人にはないアラサー期の魅力になります。

そんなどこまでも真っすぐで潔いおひつじ座女性に、多くの男性がドキッとさせられるでしょう。

■ おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座女性は、いわゆる結婚適齢期にモテ期を迎えるでしょう。どちらかというと控えめでガツガツしていないぶん、恋愛も受け身になりやすいのですが、アラサー期を迎えるとそういった点が結婚相手として求められやすくなるのです。

30代を迎えるころには、男性から「穏やかで一緒にいると癒される」「そばにいるだけで気持ちが和む」と思われるようになり、おうし座女性の注目度がグングン高まるでしょう。

出会いさえあれば、恋活も婚活も苦労せずにすむかもしれません。

■ ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座の女性はいくつになっても瑞々しい魅力を保ち続けます。感性の鋭さや旺盛な好奇心はアラサー期を迎えても失われないので、ファッションや会話に出てくる話題は新しくて魅力的なものが多いでしょう。

同年代の友だちが落ち着きたがるなかで、ふたご座は自然と目立った存在になるはず。

そのため、男性からも「一緒にいるとワクワクする」「大人だけど攻めている」といった感じで好感を集めそう。30代に入ってからも恋愛対象に見られやすく、恋のチャンスは多めでしょう。

■ かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座の女性は面倒見が良く、それは30代を迎えるころになると結婚に有利な魅力になります。彼女としてだけでなく、妻として求められるようになるでしょう。

また、かに座は警戒心が強く身持ちが堅いぶん、浮気に縁遠く、心移りもあまりないはず。心に決めた一人をずっと愛し続けるタイプです。

そうした一途さも男性に幸せな結婚を期待させるきっかけになり、男性からの注目度が急に高まるでしょう。30代を迎えるころにモテ期が訪れるかに座も少なくないはず。

■ しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の女性は、10代でも20代でも30代でも「私は変わらない」と思っているはず。いつもありのままの自分で堂々としているでしょう。

しかも、カリスマ性があるので何かと注目されやすく、年齢が若いほど出る杭は打たれる状態になるかもしれません。

ただ、30代を迎えるころになると、しし座に対する周りの評価は変わります。「あの人はすごい」「頼りがいがある」と誰からも一目置かれるようになるでしょう。

その結果、急に年下男性からモテ始めたり、高嶺の花といわれるようなタイプに見初められたりと恋の可能性も広がるはず。

■ おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

真面目なおとめ座の女性は、アラサー期に突入することで大人の余裕が身につき、堅さがやわらいでくるでしょう。他人のダメなところを見ても軽蔑したりダメ出ししないで、「そういうこともあるよね」と寛容に受け入れられるようになるはず。

また、おとめ座は聡明で面倒見が良いので、他人の欠点を認めるだけでなく、「こうすればうまくいくよ」とアドバイスすることもできます。懐の深さと優しさが、おとめ座の大人女性としての魅力になるでしょう。

■ てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座の女性は、アラサー期を迎えると脱皮するようにそれまでとは違う自分に変身していきます。

20歳前後はファッションも行きつけのお店も流行の最先端のものを選んでいたのに、30歳間近で急にトラディショナルなものを好むようになるとか、あるいはバッチリメイクから薄化粧に変わるといったことがあるかもしれません。

いずれにしても、てんびん座は30代を迎えるころに肩の力が抜けていきます。親しみやすさが漂い、それは“こなれ感”という名の大人の魅力になるでしょう。男性の注目を集めるきっかけになるはず。

■ さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座の女性は、30代を迎えるころになると“王道”の良さを知り始めます。さそり座はそもそも王道から少し外れたところで活躍しやすいのですが、あえて馴染まない場所に飛び込んだり、価値観が違う人と接したりして価値観のすり合わせをするようになるでしょう。

またそれは、大人の魅力を培う大切な作業になります。アラサー期のさそり座には、マニアックと王道が共存する奥深い人間性が養われるのです。

そのため、20歳のころは手も足も出なかった相手にアプローチされて驚く……ということが起きるかもしれません。

■ いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座の女性は、大人になるにつれて“冒険”に飽きていきます。それは挑戦をしなくなるとか、退屈な人生に甘んじるということではなく、安定した日常の魅力に気づくという意味。

恋愛にも仕事にも落ち着いて向き合えるようになり、しっとりとした大人の魅力がにじみ出るようになるでしょう。男性からは真剣な交際を求められやすくなります。

また、いて座は結婚によって人生の波が穏やかになるタイプです。アラサー期にゴールインできれば、地に足の着いた生き方が実現するはず。それまでとは違う幸せをつかむでしょう。

■ やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座は典型的な大器晩成タイプで、30代を迎えるころになると恋愛面でも仕事面でも明るい見通しが立ちやすくなります。20歳前後では「真面目すぎる」「堅い」と言われたとしても、そうした堅実さが大人の魅力として認められるようになるのです。

そのため、やぎ座女性はアラサー期からモテ始める人が多いでしょう。彼女としてだけでなく、妻候補としても求められるはず。男性からは、「この人となら安心して一緒に生きていけそう」という期待を寄せられるでしょう。

■ みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座女性は30代を迎えるころになると、情熱を注ぐ対象とスルーしてもいい対象がハッキリと区別できるようになるでしょう。仕事でも趣味でも、自分が大切にする世界を軸足にしてのめり込むので、ウマが合う仲間が自然と集まってきそう。

アラサー期のみずがめ座は、研ぎ澄まされた独特な感性とストイックさを濃厚な大人の魅力としてまといます。それは厳選された人にしか取り扱えない特別なもの。無駄にモテることが減って、自分を本当に愛してくれる人だけを引き寄せるでしょう。

■ うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座女性の最大の魅力は純粋さですが、それはとても繊細なため人生の荒波に揉まれながら美しいカタチを保つのは難しいでしょう。

30代を迎えるまでに、うお座の純粋な部分はアップデートを繰り返すはず。そうやっていくうちに、ピュアな部分を残しながらも現実と向き合う強さを兼ね備えるのです。

心が和む優しさを見せたかと思えば、シビアに仕事の話をする……そんな不思議なバランスが大人のうお座にはあります。女性らしいしなやかさに見え隠れする強さは、男性にとって魅力的なギャップに映るでしょう。

(C)prostooleh/gettyimages(C)DeanDrobot/gettyimages

文・沙木貴咲

当記事はananwebの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ