丸亀製麺の新商品「シビ辛麻辣坦々うどん」の最大瞬間風速がヤバい! あれが絶対に必要だ!!



2021年7月27日、丸亀製麺の新商品『シビ辛麻辣坦々うどん』が発売開始となった。この段階でズバリ申し上げてしまおう。本商品は丸亀史に残る濃いィィィィイイイイうどんである。

基本的にハズレがなく、何を食べても安定感抜群の丸亀製麺であるが『シビ辛麻辣坦々うどん』に関しも「悔しいけどウマい」と言わざるを得ない。さあ、丸亀大好きっ子の諸君たち、そして濃い味大好きっ子の諸君たち、今すぐ丸亀製麵へGOだ!

・インパクトは過去最高クラス
丸亀大好き & ライターという仕事柄もあり、私(P.K.サンジュン)はここ数年、丸亀の新商品をほぼほぼ制覇してきた。その中で殿堂入りのメニューは2つ、春先の「あさりうどん」と、冬の「鴨ねぎうどん」である。

あくまで個人の好みにもよるが、おそらくこの2つに関しては「異論なし」という声が多いハズ。それくらい「あさりうどん」と「鴨ねぎうどん」は絶品で、ある意味で完成し切っている殿堂入りのメニューだ。

・殿堂入りなるか?
『シビ辛麻辣坦々うどん』はその2つと同等のインパクトがある。もしかしたら “最大瞬間風速” に関しては、過去のどの商品よりも高い数値を記録しているかもしれない。で、まずは『シビ辛麻辣坦々うどん』の商品概要を説明しておこう。

「辛い × 冷たいをかけ合わせた、丸亀製麺の夏限定の完全新作。辛みの奥に潜むほんのりとした甘みとコクに加え、香味ラー油・黒マー油・花椒(ホアジャオ)の本格的な香味が、爽快なシビれる辛さを引き立てます。

つるつるとのど越しのよい冷たいうどんに、クリーミーで濃厚な担々スープと計算され尽くした具材が盛り込まれた完成された一杯です」

「完成された一杯」とは少々大げさな気もするが、丸亀製麵は自信満々だ。また味のクオリティを保つため、本商品はテイクアウトできない「店内限定商品」となっている。

・濃ィィイイイうまさ
で、実際に食べてみたところ『シビ辛麻辣坦々うどん』は、自ら「完成された一杯」というだけあるウマさであった。言わなくてもわかるうどんのウマさは抜きにして、まずはスープが過去のどの商品よりも濃厚だ。

練りゴマの風味、程よい甘さ、そしてまろやかな口当たり。とろみのあるスープとうどんが絡みまくり、ド濃厚なウマさが口の中に押し寄せてくる。これほど一口目のインパクトが強い商品は丸亀初ではなかろうか?

また、痺れを演出する花椒も実にイイ! ビリビリまでは行かないものの、しっかりと存在感のある痺れ加減が “後引く味わい” に繋がっている。小松菜とザーサイの歯応えも心地よく「さすが丸亀、隙がない」と納得のウマさである。

・水は必須
ただし、ちょっと濃い。やや濃い。旨味的にも塩分的にもピークは一口目で、終盤は確実に水が欲しくなるくらいの濃さはあった。おそらく夏向けのメニューなので濃いめの味付けになっていると思われるが、それでも水はあった方がいいだろう。

そういう意味で終盤までピークが続く「あさりうどん」や「鴨ねぎうどん」とは方向性が違う。とはいえ、これは好みの問題もあるので「濃い方がお好き☆」という方には自信を持ってオススメだ。完成度自体はかなり高い。

というわけで、丸亀の新商品『シビ辛麻辣坦々うどん』は丸亀史に残る一杯なので、興味がある方は1度試してみてはいかがだろうか? 『シビ辛麻辣坦々うどん』は並盛り690円で発売中だ。

参照元:丸亀製麺
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ