小嶋陽菜「メイクは“余計なことはしない”のがポリシー」 こじはる流美容論

ananweb

『Her lip to』をプロデュースする小嶋陽菜さんが、愛用中のビューティアイテムを紹介してくれました。こじはる流、オトナの最新美容論とは?
■ 時代のニーズに寄り添うものづくりを目指して。

10代から美容に興味があり、とくに色やパッケージが可愛くて見ているだけでもテンションが上がる海外コスメが大好き。アイドル時代はメイクも足し算でしたが、今は“余計なことはしない”のがポリシーです。YouTubeでメイク動画を上げたら、「工程が少なすぎ」ってコメントがきたぐらい(笑)。年齢的にも土台になるベース作りが一番大事で、理想はくすみのない透明感ある肌。紫外線対策を徹底して、水をたっぷり飲むようにしています。5年後10年後の自分のためにも、今のうちからケアが必要。プロダクトを作る上でも、美容成分や肌に負担をかけないことを最優先にしながら、パッケージや香りでも気分が上がるものに仕上げています。AKB48時代から変わらないのは、国内外の情報をリサーチすること。とくに海外コスメは、ものづくりのストーリーや環境問題の向き合い方、作り手の熱量の伝え方が素敵で、今までたくさんのコスメアイテムを使ってきました。

私もこの経験を生かして共感してもらえるプロダクトを作っていけたらいいなと思っています。

ものづくりには時代のニーズに寄り添うことも大切だと思うので、自分のカラダとココロに目を向けるという意味で“セルフラブ”をテーマにしたりも。TikTokは寝る前によく見るのですが、トレンドの移り変わりが他のSNSと比べて一番早い気がします。でも、TikTokを含め、SNSで目にする女の子たちが常に自分磨きを頑張っている姿というのは変わらないので、いつもの生活の中に少しでもテンションが上がるようなお手伝いが私なりにできたら嬉しいなと思っています。

■ Favorite Items

左・注目成分バクチオールは朝晩、洗顔後にシミが気になるところに。「バクチオール レチノール オルターナティブセラム」(Herbivore Botanicals) 中・信頼しているドイツのドクターズコスメ。浸透力抜群の化粧水。「エクスフォリエーティングトナー」(Augustinus Bader) 右・国内最高レベルのSPF値SPF50+・PA++++。保湿力があって脂浮きさせないのがこだわり。紫外線散乱剤フリー。「グロウサンスクリーンセラム」(Her lip to)

こじま・はるな 1988年4月19日生まれ、埼玉県出身。AKB48第1期メンバーとして12年間の活動を経て2017年に卒業、翌’18年に『Her lip to』を立ち上げ、プロデュース。

ワンピース¥24,200(Her lip to support@herlipto.jp)

デニム¥23,100(Her lip to) ヴィンテージビスチェ¥36,000(THE BRISK TEL:03・6416・4314) パンプスはスタイリスト私物

インタビューの続き&メイキング動画はコチラをチェック。ananBeauty+WEB:plus.ananweb.jpInstagram:@anan_beautyplus

※『anan』2021年7月28日号より。写真・神戸健太郎 スタイリスト・SHOCO ヘア&メイク・中村未来 取材、文・若山あや

(by anan編集部)

当記事はananwebの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ