台風8号 東北に接近・上陸 東北や関東への影響は

日直予報士

台風8号は27日(火)夜から28日(水)未明に東北に接近・上陸のおそれ。関東や東北への影響は?

●台風8号 東北地方に接近・上陸へ

台風8号は、27日(火)正午現在、千葉県銚子市の東南東およそ170キロにあって、ゆっくりと北北西に進んでいます。今後、やや速度をあげながら北上し、27日(火)夜遅くから28日(水)未明に東北地方に接近、上陸する見込みです。

●東北への影響は? ピークは27日夜~28日午前中

東北では27日(火)の日中は晴れ間の出ていた所でも、夜には雨や風が強まり、局地的に雷を伴って非常に激しく降る見込みです。28日(水)正午までの24時間に予想される雨量は多い所で、東北の太平洋側で180ミリ、東北の日本海側で120ミリとなっています。東北の太平洋側を中心に雨量が多くなる見込みです。雨のピークは28日の昼頃までとなりそうですが、29日(木)にかけて、東北ではさらに多い所で50ミリから100ミリの雨が降りそうです。たった24時間で、平年1か月分相当やそれ以上の雨が降る所もあるでしょう。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒をしてください。

●関東への影響は? 台風から離れても局地的な雨や強風に注意

関東地方は台風が上陸する可能性はありませんが、台風周辺からの湿った空気が流れ込み、晴れ間が出ていても雨が降ったりやんだりしそうです。27日(火)の夜にかけて局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降ることがあるでしょう。また沿岸部を中心に非常に強い風が吹く見込みです。28日(水)にかけて、海上では台風からのうねりを伴ってしける見込みです。海岸には近づかないようにしてください。

●28日には温帯低気圧に 台風一過とはならず

台風8号は、28日(水)には日本海に進み、温帯低気圧に変わる見込みです。ただ、台風が低気圧に変わっても、台風一過の青空になることはなさそうです。台風周辺からの暖かく湿った空気や上空の寒気の影響で、東北や関東では大気の状態が不安定になりそうです。午前中は晴れ間が出ても、午後は再び急な激しい雨や落雷、突風に注意が必要です。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ