『ゲット・アウト』プロデューサーが放つ衝撃のパラドックス・スリラー『アンテベラム』今秋公開

クランクイン!

 映画『ゲット・アウト』『アス』などを手掛けるプロデューサー、ショーン・マッキトリックによる新作『ANTEBELLUM(原題)』が、邦題を『アンテベラム』として今秋全国公開されることが決定した。

本作は、公私共に順風満帆の日々を送っていた主人公ヴェロニカが、突如として奈落の底に突き落とされていく様と、とある広大なプランテーションの綿花畑で重労働を強いられている奴隷・エデンの姿を並行して描きながら、あらゆる思考が吹っ飛ぶ衝撃の“真実”が明かされるパラドックス・スリラー。大反響を呼んだ『ゲット・アウト』『アス』を世に送り出したショーンがプロデューサーとして手掛ける。主演は、グラミー賞候補の常連シンガーで、『ムーンライト』『ドリーム』の演技が絶賛を博したジャネール・モネイ。恐怖のパラドックスからの脱出を図るヴェロニカとエデンをひとりで演じ分ける。

監督を務めるのは、本作のオリジナル脚本も手掛けたジェラルド・ブッシュとクリストファー・レンツ。人種差別問題などに関する公共広告やドキュメンタリーを製作してきた異色の経歴を持つ2人が、今まさに超大国アメリカを揺るがしている人種や政治の分断というテーマをこのうえなく大胆にフィーチャーし、スリラー・ジャンルの常識をも破壊する問題作を完成させた。

解禁となったポスタービジュアルは、不安げな表情のジャネールの顔が黒背景の中央に大胆にレイアウトされたデザイン。暗闇の中に引きずり込まれそうな彼女の口は、血が滴る不気味な蝶にふさがれている。そして「この悪夢は、本物」というコピーが、より一層の不気味さを引き立たせている。

併せて解禁された場面写真には、何かにおびえる主人公ヴェロニカの背後から、何者かの手が今まさに彼女の口を押さえようと忍び寄っている様子が捉えられている。

映画『アンテベラム』は今秋全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ