石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”

アサ芸プラス


 東京五輪の卓球女子シングルスで、石川佳純が初戦となる7月26日の3回戦から登場。ファンを喜ばせた。

「19歳から3度目の五輪出場となる石川は、12年のロンドン、16年のリオデジャネイロと銀、銅メダルを獲得していますが、いずれも団体戦。シングルスではロンドンで4位、リオでは初戦敗退に終わっています。26日の相手は格下でしたが、シングルスではロンドン以来の9年ぶりの勝利。そのためファンの間でもネット上で《マジで涙出そう。おめでとう!》《重圧すごかったろうな。カッコよすぎ》などと大絶賛が沸き起こりましたね」(スポーツライター)

一方で男性ファンの目を奪ったのが、躍動する石川のボディだ。

「初戦、ブルーのユニフォームで登場した石川は、まさにカモシカのような美脚、引き締まった体と、これまでにない絞られたボディで、今大会にかける意気込みが画面からも伝わってきました。一方、他の選手と比べてもユニフォームがジャストサイズだったことから、バストラインもくっきり。そんな彼女が相手のサービスを待ち受ける間、ステップを踏みながらピョンピョンと跳ねるものですから、形の良い推定Cカップまでもが上下に揺れまくり、ファンも勝敗の行方とともに気になって仕方がなかったようです」(ネットライター)

ネット上では、〈体が締まってるから余計に胸の大きさが目立ってイイね!〉〈石川も28歳か…すっかり大人のオンナになったよね〉〈性格もいいしボディも魅力的。結婚したいわ笑〉などといった声も出ている石川。全てを出しきる勇姿に注目したい。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ