Twitter複数タイムラインを切り替えなしで巡回

ラジオライフ.com


最新の話題をチェックするのに欠かせないSNSといえば「Twitter」でしょう。しかし、Twitterは標準アプリが使いにくいのが難点…。そんな「ツイ廃」ビギナーの不満を解消するのが外部連携ツールです。ツイートが一連の流れで表示されるタイムライン(TL)の巡回が捗る、Twitterのクライアント系ツール2種を紹介しましょう。

Twitter複数タイムラインを切り替えなしで巡回

Twitterアカウント切り替えなしで巡回


切り替えなしで複数のTLをチェックできる「tweetdeck」は、カスタマイズ性に優れたWebクライアントです。Twitter公式アプリの1つでTLやリスト、検索結果を1画面に並べて表示できるのが特徴です。

複数のアカウントを登録すれば、アカウントの切り替え不要で、それぞれのTLを同時にチェックしたり、投稿したりすることが可能。使い方はサイト上でTwitterアカウントにログインするだけなので、2つ以上のアカウントを持っているユーザーは重宝するでしょう。

画面構成は自由にカスタマイズできる設計。TL以外にもリストや検索結果、通知やメッセージ、トレンドも1つの画面の中でチェックできます。日時を指定した投稿予約も可能。年単位での予約でき、予約数に上限はありません。

Twitterお気に入りユーザーをタブ巡回


「Tabtter」は、Twitterのタイムラインやリプライ、検索結果などをタブで管理できるWebクライアント。お気に入りのユーザーやハッシュタグをタブで管理できます。

タブはいくつでも作成可能なので、お気に入りのユーザーやハッシュタグ、検索ワードなどを登録しておけば、いちいち検索する手間が省けて、すぐに最新のツイートを巡回できます。サイトにアクセスして、Twitterアカウントを承認するだけで使える手軽さもポイントです。

「トレンド」タブから過去のトレンドを一覧表示することも可能。RT数、いいね数、画像の有無などでツイートを絞り込めます。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ