音楽フェス『音楽堂 夏FES.2021おんなつ』を今夏に開催

Entame Plex



8月19日(木)・20日(金)・21日(土)の3日間において、霞町音楽堂(東京・西麻布)にて、クラシック音楽フェスティバル『音楽堂 夏FES.2021おんなつ(以下、おんなつ)』を開催することが決定した。

「おんなつ」は、会場と配信のハイブリッドコンサート。“夢をあきらめない夏”をテーマに、プロ演奏家と音大生を応援する本イベントでは、霞町音楽堂の客席定員の半数を音大生枠とし、無料で招待する予定。さらには、現役音大生に無料で「おんなつ」配信コンサートをお届け。



「おんなつ」には、ヴァイオリニスト・木嶋真優、クラリネット奏者・吉田誠、フルート奏者・上野星矢、カウンターテナー・村松稔之、ソプラノ歌手・高橋維、テノール歌手・樋口達哉、桐朋学園室内楽(フルート:木村心美・ヴァイオリン:東亮汰・ヴィオラ:大腰泰成・チェロ:菅井瑛斗)など、錚々たる奏者が出演予定。昨年に引き続き、企画立案を担当したのは、霞町音楽堂 相談役フリーアナウンサー・永井美奈子。

昨年の夏、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界中から様々なフェスが消え、「音楽をやりたい人はこんなにいるのに」「音楽を聴きたい人はこんなに哀しんでいるのに…」そんな想いから誕生し、クラシック音楽史上初24時間音楽配信を行った霞町音楽堂夏Fes. 略して「おんなつ」。

「おんなつ」開催前日の8月18日(水)には学生たちによる「おんなつ前夜祭」を催行。現役音大生は17,000人とも言われているなか、同級生、先輩後輩とも対面でのアンサンブルがままならない今、音楽業界全体も危機的状況。こんな時だからこそ、音大生が横のつながりを持ち情報交換できる場の提供が必要なため、「おんなつ学生実行委員会」を設立。春から「おんなつ」に参加したい音大生を募集。オープニングアクトとして、おんなつに学生が初出演するなど、注目のイベント内容となっている。



■概要



日時:

8月19日(木)18時30分~21時

8月20日(金)18時30分~21時

8月21日(土)17時~21時

※前夜祭8月18日(水)17時~21時(学生出演・無料配信)

※後夜祭8月21日(土)20時以降(無料配信)

料金:

会場チケット(おんなつ実行委員会管理のもと販売)

・アリーナ席(椅子席32席うち半数を学生無料席の予定)

1日券 一般:5000円

・ノブレスオブリージュ席(テーブル席)(ノブレスオブリージュ席の収益により学生を無料に致します)

1テーブル4席 1日券10万円

配信チケット(配信チケットのみ チケットぴあ 7月27日チケット売り出し 8月31日までチケット購入可)

3日通し券 一般:2000円

1日券 一般:1000円(クラウドファンディングで支援があった人数分学生無料)

※アーカイブ8月末

当記事はEntame Plexの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ