つまみ枝豆、水ダウドッキリで見せたマジギレ姿に感動の声が集まったワケ

アサジョ


 お笑いタレントのつまみ枝豆が7月21日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に出演。ドッキリ企画では、恩師・ビートたけしへの忠誠心がうかがえる場面があった。

この日、番組ではお笑いコンビ・鬼越トマホークの持ちネタであるケンカ芸を応用した「突然マネージャーから鬼越トマホークの『うるせえなぁ!』のくだり食らったら意外とシリアスな状況になっちゃう説FINAL」を放送。

ドッキリのターゲットとなるタレントに対し、マネージャーとニセの新人マネージャーによる取っ組み合いのケンカを見せ、止めに入ったタイミングで新人マネージャーがタレントに痛烈なダメ出しを浴びせるという内容だ。

タレントの具志堅用高や長州力といった元格闘家がドッキリのターゲットに選ばれる中、最も存在感を放っていたのはつまみ枝豆で、たけし軍団のトップを任される“武闘派”のマジギレ姿にスタジオも騒然となった。

枝豆は、仕掛け人である2人のマネージャーによるケンカを仲裁するも、新人マネージャーから「うるせえなぁ! たけしの話じゃなくて自分の話で笑い取れよ!」との辛口ダメ出しを頂戴。すぐに表情が一変し、「お前、俺に言ってんのか?」「おい小僧、もういっぺん言ってみろ、コラ!」とマジギレ、スタジオからVTRを見ていたダウンタウンの浜田雅功もドン引きするほど、枝豆の剣幕は圧倒的だった。

続けて、枝豆は「おめぇよ。まぁいいや、百歩譲って許してやるよ。でもよ、俺の前でよ、『たけし』って言うな。『たけしさん』だろコラァ!」とまくし立て、自身へのダメ出しよりもたけしに対する無礼に激怒。この緊急事態勃発により、別室からモニタリングしていた鬼越トマホークもすぐに駆け付けてドッキリであることを報告。枝豆は笑顔を見せるも「いや、これ危ないよ。彼(新人マネ)が『うるせぇこの野郎』ってもう1回言ってたら俺絶対いってるもん。早く止めにこいよ」と鬼越の仲裁が遅すぎたことを突っ込んだ。

「スタジオからの見届け人となった伊集院光は、ドッキリの対象につまみ枝豆が選ばれると、すぐに『ダメだよ』と恐れたようなリアクションを見せていました。SNSをはじめ、ネットでも枝豆の緊迫したマジギレ姿に対し、『これはガチでやばい』『神がかってる』『オーラがハンパない』といった声や、マジギレの理由についても『めちゃくちゃかっこいいし、なんか泣けた』『かっこよくて惚れる』『たけし氏への忠誠心の深さにベテランの厚みを感じました』『たけしさんのくだりは確かにグッとくる』『いざという時のあの言葉は胸を打たれます』との絶賛が続出。会社こそたけしと分かれた枝豆ですが、たけしへの忠誠心は揺るぎないものだったようです」(テレビ誌ライター)

百歩譲っても師匠への呼び捨てだけは断固として許さなかった枝豆。その男気あふれる姿や師弟の絆に視聴者も感動を覚えたようだ。

(木村慎吾)

当記事はアサジョの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ