ジェームズ・ワン監督が“狂気に満ちた悪夢”描くオリジナルホラー『マリグナント 狂暴な悪夢』11月日本公開 レイティングはR18+[ホラー通信]

ガジェット通信



傑作ホラーシリーズ『ソウ』『死霊館』『インシディアス』を生んだジェームズ・ワンが、新たに監督を務めるオリジナルホラー『マリグナント 狂暴な悪夢』が11月12日日本公開決定。US版ポスター、US版予告編が解禁となった。

ジェームズ・ワンは本作で監督・原案・製作を兼任。自身のSNSで、本作について「この映画をどう表現したら良いか分からないけれど、僕のこれまでの作品とは一線を画すような、さまざまなジャンルをミックスしたオリジナル映画を作りたかった」と語り、新しい作風の作品であることを示唆した。しかしながら、ホラー映画監督として才能を発揮してきた自身の原点にも立ち返っており、「自分が観て育った映画のようなホラーの精神はちゃんと作品に生きているよ!」と、ジャンルへの愛をにじませている。

本作で主演を務めるのは、『死霊館』シリーズ『アナベル 死霊館の人形』にも主演したアナベル・ウォーリス。解禁となったUS予告編は、ウォーリス演じるマディソンが、悪夢に悩まされるシーンから始まる。その悪夢とは、謎の殺人鬼が次々に人を襲うというものだ。殺人鬼は漆黒の姿でどこからともなく現れ、予測不能な素早い動きと超人的な能力で殺人を繰り返し、犠牲者は増えていくばかり。殺人が起きるたびに、マディソンは生々しい幻覚のように凄惨な殺人現場を疑似体験し、少しずつ自身の“隠された過去”に導かれていく。そして、ついにその邪悪な手はマディソンの元へ――。果たして、この悪夢の正体は?

なお本作は、本編のバイオレンス描写により、R18+作品に指定されている。

アメリカ本国では9月の公開を予定。日本でもあまり間を空けずに観られるのも嬉しいところだ。

映画『マリグナント 狂暴な悪夢』

2021年11月12日(金)日本公開

(C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

当記事はガジェット通信の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ