台風8号 27日に接近・上陸 関東は局地的大雨の恐れ

日直予報士

あす27日、台風8号は東北や関東に珍しい進路で接近し、上陸する可能性が高くなっています。特に、東北は長い時間降る雨、関東は短い時間に激しく降る雨に警戒が必要です。

●【東北】広い範囲で大雨の恐れ

最新の進路予想を見ると、台風8号は、あす27日の夜、東北南部付近に上陸する可能性が高くなっています。福島県や宮城県に上陸すると1951年の統計開始以来初めてのことになります。
東北は台風の接近前から湿った空気が流れ込み、26日夜からあす27日にかけて、太平洋側を中心に長い時間断続的に雨が降る見込みです。その後、台風本体の発達した雨雲がかかると川が一気にあふれたり、低い土地が浸水したりする可能性があります。自治体の避難情報など、聞き逃さないようにしてください。台風接近時は暴風が吹く恐れもありますので、周りの状況をよく見て、安全な場所でお過ごしください。

●【関東】局地的な大雨

台風8号は、あす27日に関東にもかなり接近し、茨城県のあたりに上陸する可能性もあります。もし、茨城県に上陸しても1951年の統計開始以来初めてになります。
台風が関東に接近するあす27日は、いったん海上で動きが遅くなり、大気の状態が不安定になる見込みです。関東に関しては、長く降る雨ではなさそうですが、千葉県や茨城県を中心に局地的に雨雲が発達して、1時間に50ミリくらいの非常に激しい雨が降る恐れがあります。道路の冠水や中小河川の急な増水などに注意が必要です。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ