ドウェイン・ジョンソン&エミリー・ブラントも感激 『ジャングル・クルーズ』ディズニーランドでプレミア開催

クランクイン!

 7月29日より日本公開される、ディズニー映画最新作『ジャングル・クルーズ』のワールド・プレミアが、米カリフォルニア州アナハイムのディズニーランド・パークで現地時間24日に行われ、本作に出演する俳優のドウェイン・ジョンソンと女優のエミリー・ブラントが、人気アトラクション「ジャングルクルーズ」に乗ってサプライズ登場した。

本作は、ジャングルをボートで探検するディズニーランドの人気アトラクション「ジャングルクルーズ」から誕生したスペクタクル・アドベンチャー作品。手にした者はあらゆる病気を治し永遠の命を手にすると伝えられているアマゾンの伝説<不老不死の花>を求め、女性博士のリリー(エミリー)が、クルーズ船の船長フランク(ドウェイン)を相棒に、ジャングルの奥地へと冒険を進める姿が描かれる。

コロナ禍以降、ディズニースタジオ配給作品で初めてファンと交流できるイベントとなった今回のワールド・プレミア。会場となったアナハイムのディズニーランドにはレッドカーペットが敷き詰められ、ディズニーのカチューシャやキャップを被った大勢のファンが集まったほか、ミッキーマウスとミニーマウスも会場に駆けつけた。

まさにアトラクションから誕生した映画だからこそ実現した、この日限りの特別なイベント。ついにドウェインとエミリーの2人がアトラクション「ジャングルクルーズ」に乗ってサプライズ登場するという、ティズニーランドでしかできない豪華な演出で姿を見せると、会場は熱狂の渦に。数年ぶりにキャストとファンの笑顔あふれる、幸せな光景がディズニーランドに広がった。

ファンを迎え入れたイベントを開催できたことに、「ワクワクするし、それでいてとても温かい、開放的な気分にさせてくれているわ。こうやってみんなで集まることがまた出来て、とても素晴らしい気分だわ」と興奮収まらない様子のエミリー。

一方、ドウェインは「俳優の仕事を始めたころ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』を見て、“ああ、いつか僕もあんなアトラクションをベースにしたあんな映画ができたらいいなあ”と思った」とアトラクションから生まれた作品に出演することが夢だったと言い、「こうやって最高の俳優陣と一緒に作品を作ることができて、みんな素晴らしい仕事をしてくれて、こういう場を持てて、夢が叶った気分」と感慨深くコメント。そして「こうしてコロナ禍を乗り越えて、向こう側に行こうとするときに、こういう場を持ててとても特別な気分さ」と、ファンを招いたイベントを開催できる喜びを熱く語った。

映画『ジャングル・クルーズ』は、映画館では7月29日、ディズニープラス プレミア アクセスでは7月30日より公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ