台風8号 あす27日(火)の昼前から夜にかけて 関東から東北に接近、上陸か?

日直予報士

台風8号は日本の東を北上中。今後は進路を西よりに変えて、あす27日(火)の昼前から夜遅くにかけて、関東甲信から東北に接近して、上陸する恐れがある。最接近の時間帯や大雨、暴風に警戒する期間をまとめました。

●台風8号の最新情報

台風8号は、きょう26日(月)の15時現在、日本の東にあって、1時間に30キロのスピードで北西へ進んでいます。中心の気圧は992ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルです。
台風は、次第に進路を西よりに変えて、あす27日(火)には関東から東北に接近して、上陸する恐れがあります。

●雨や風の警戒期間

台風の接近に伴って、東北から関東甲信、北陸は風が強まってくるでしょう。
千葉県ではすでに風が強まっていて、銚子では最大瞬間風速17.6メートルの北風が吹いています。
あす27日(火)は、東北で明け方から暴風に、関東甲信ではきょう26日(月)の夕方からあす27日(火)にかけて、海上を中心に非常に強い風に注意、警戒が必要です。北陸も、あす27日(火)の午後から風が強まってくるでしょう。
暴風に警戒してください。
また、あす27日(火)を中心に大雨になる所があるでしょう。
きょう26日(月)16時現在はまだ晴れている所が多いですが、天気は下り坂です。関東甲信や東北は、今夜から次第に雨になるでしょう。あすは台風本体の雨雲がかかり、局地的にカミナリを伴った非常に激しい雨が降りそうです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒、注意してください。
北陸は、きょう26日(月)の夜遅くから雨雲のかかる所があり、あす27日(火)は断続的に雨になりそうです。昼頃からは局地的にカミナリを伴って、バケツをひっくり返したような雨が降るでしょう。

●大雨のときに危険な場所

台風の接近に伴って、関東甲信や東北を中心に活発な雨雲がかかるでしょう。大雨になる所がありますので、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに警戒、注意が必要です。
普段流れの遅い河川や用水路でも、大雨によって水かさが増したり、流れが速くなったりします。絶対に近づかないでください。増水した用水路は道路との境目が分からなくなっていて、足を取られるおそれがあります。
雨水はアンダーパスに流れ込むため、すぐに冠水します。車が水没して故障し、車内に取り残されると非常に危険なため、無理をして通らず迂回するなどの対応をとってください。急な大雨(ゲリラ豪雨)の時にはあっという間に冠水してしまうため、特に注意をしてください。
土砂災害の前兆現象と思われるものがあるときや、いつもと違う不安を感じたときは、避難指示などがなくても早めに土砂災害警戒区域・危険箇所から外に出るようにしましょう。
土砂災害は発災してから避難しようとしても、間に合いません。冷静に判断できるうちに、早めの避難行動をとってください。
避難に時間を要する方は、「高齢者等避難」が発令された時点で避難を始めるのが良いでしょう。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ