「呪術廻戦カフェ」原宿でコラボメニュー&聖地巡礼を満喫!EDの世界観も楽しめる

「おたスケ」。それはオタクのスケジュールであり、あなたのお助けとなるスケジュール。
本コラムではオタクライフを満喫したい方に向けた時間の過ごし方や情報を、アニメ大好きライターのハシビロコがお届けします。

 

「呪術廻戦カフェ」&聖地巡礼へ!

こんにちは、ハシビロコです。先日、久しぶりに原宿に行ってきました。

原宿といえば、『呪術廻戦』に登場する聖地のひとつ。TVアニメ第3話「鉄骨娘」で、釘崎野薔薇さんが指定した待ち合わせ場所です。

ちなみに釘崎さんがいたのは竹下通り方面

虎杖くんたちがいたのは表参道方面です。作中の原宿駅舎がリニューアル後の姿になっていて感動した記憶が。

しかも今なら聖地巡礼だけでなく、「呪術廻戦カフェ」も楽しめるので一石二鳥!

今回はBOX cafe&space 原宿アルタ店で開催中の「呪術廻戦カフェ」の食レポや店内の様子をたっぷりお届けします!

※記事内の価格は税込表記です。

来店前からテンションMAX!

会場のBOX cafe&space 原宿アルタ店は、竹下通りの中にあるお店。
作中でも見覚えのあるカラフルな看板を見ただけで、テンションが上がります!

原宿アルタ入り口には『呪術廻戦』のキャラクターが!さっそく3階にあるお店へと向かいます。

「呪術廻戦カフェ」は、店内の装飾がとにかくスタイリッシュ

1クール目のED映像を手がけた映像作家・長添雅嗣さんがアートディレクターを担当しています。個人的にあのEDを見て『呪術廻戦』が好きになったので、新規絵を拝めてとても嬉しいです……!

とくに原宿店は床面の装飾や大きなタペストリーなど、細部まで長添さんが監修しているとのこと。ご来店の際は、店内もじっくり眺めてみてください!

 

EDの釘崎さん気分が味わえる!

メニューがどれもおいしそうなので迷いましたが、「原宿で頼むならこれしかない!」と注文したデザートがこちら。

釘崎野薔薇「ストロベリーパンケーキ」(1,540円)です!
EDで釘崎さんが食べていた、いちごたっぷりのケーキやパンケーキが忘れられなかった……!

しかもここは原宿。聖地の空気も相まって、何倍にもおいしく感じられそうです。

鮮やかな赤いプレートの上には、釘を模したマークが。

パンケーキの上にはイチゴやベリー、クリームがたっぷり!メープルシロップやレモンで味に変化を加えながら楽しむことができます。

まるでさまざまな顔を見せてくれる釘崎さんのよう。かわいいだけではない、多面的な魅力がメニューにも表れています。

ちなみにフードやデザートに+550円(税込)すると、セットドリンクを注文可能。せっかくなので推しのパンダさんを注文しました。中身はシュワシュワ感が楽しいコーラです。

ドリンクについているスタンドPOPもかわいい!
パンダさんらしい白黒模様だなー、とまじまじ眺めていると……。

パンダさん、こんなところにもいた。

キャラクターによって模様が違うので、何が隠れているのか探してみると楽しいです!

「暑いのでもう少し水分補給をしよう」と注文したドリンクが、京都校「お抹茶レモンソーダ」(990円)。特典としてベストフレンドたちが描かれたポストカードがもらえます。

それにしても、まさかレモンソーダと抹茶を組み合わせるとは……!抹茶好きとしては味を確かめずにはいられません。

茶せんが付いてくるので、自分で抹茶を点てる体験もできます。まるで茶道教室。

レモンソーダはこのまま飲んでも甘酸っぱくておいしいですが、抹茶を入れると深みがアップ。

京都校のみなさんのように、伝統だけでなく枠にとらわれない自由さもが楽しめる1杯でした。

オリジナルグッズがどれもかわいい!

「呪術廻戦カフェ」内ではオリジナルグッズを販売中。今回のキービジュアルに使われたイラストや、デフォルメキャラクターなどを使用した描きおろしデザインです。

EDのように、普段とは少し違うおしゃれな服装に身を包んだ虎杖くんたち。ファッションアイテムにも個性が出ています。

どれにしようか迷った末、今回はカフェ内のタペストリーに似ているアクリルキーホルダー(715円、ランダム7種)と、ミニキャラアクリルキーホルダー(715円、ランダム7種)をひとつずつ購入。
どのキャラクターも好きですが、強いていうならパンダさん狙いです!

はたして結果は……?

 

 

 

 

五条先生と伏黒くんだー!師弟でそろえることができて嬉しいです!

伏黒くんはオーバーサイズのTシャツがよく似合う。スニーカーとヘッドフォンの鮮やかな赤色もおしゃれです。虎杖くんの制服のように、五条先生がコーディネートしたのでしょうか……?

五条先生はピンク色も着こなしてしまうのがさすが。ちら見えするベルトなどでスマートさを出しています。ほかの人が着るにはなかなかハードルが高いですが、五条先生ならきっと許される。

グッズはオンラインストアでも購入可能。アクリルバッジなど、オンラインストア限定の商品もあるので、ぜひ一度チェックしてみてください!

食後は手に入れたばかりの五条先生たちを連れてじゅじゅさんぽ。作品の世界観を心行くまで満喫できた1日でした!

「呪術廻戦カフェ」は原宿、池袋、あべの、梅田、名古屋で開催中。開催期間はお店によって異なるので、公式サイトをご覧ください。


「呪術廻戦カフェ」公式サイト
https://jujutsukaisen-cafe.jp

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会


 

WRITER

  • ハシ ビロコ
  •        

  • アニメとドイツ語とハシビロコウを愛するフリーライター。アニメ好きの両親のもとに生まれたオタク2世で、幼少期はCCさくらとガンダムSEEDを見て育った。趣味でハシビロコウブログを運営中。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ