120円からの“うなぎ飯”食べ比べ!ファミマ、ローソン、松屋、コスパ一番は?土用丑の日に

女子SPA!

 今夏の「土用の丑の日」(2021年は7月28日)を前に、ファストフード店やコンビニが“うなぎ飯”を続々リリースしています。

うなぎは高級食材なので、専門店で食べれば数千円するものも珍しくありませんが、中には100~200円台でうなぎ(または、うなぎ気分)を堪能できる商品もあります。今回は7月にリリースされた「1000円以下の“うなぎ飯”」を実食レポートします。※以下、すべて税込価格。

◆松屋「うな丼」850円

牛丼チェーン「松屋」が、今年も7月20日から発売開始した「うな丼」。「松屋のうな丼」と言えば、今や土用の丑の日の定番になりつつあります。

テイクアウトできますが、その場合は店で食べる際についてくる“味噌汁”はついてこないので気をつけましょう。うな丼、タレ、キャベツお新香・山椒が付いてきます。

8月3日午前10時まではライス大盛が無料です。筆者は育ち盛りのアラサー男子なので大盛にしましたが、結構重さがあって驚きました。一応重さを測ってみると、容器を含めて444g、容器(22g)を差し引くと422gでした。茶碗一杯のごはんが約150gであることを考えると、かなりのボリュームです。

◆850円とは思えない、ハイクオリティ「うな丼」

まず、うなぎは箸でつかむのが難しいほど厚みと重さがあり、実際に食べてみるとその見た目からもわかるようにフワフワしています。味も安っぽさを感じず、しっかりとした美味しいうなぎです。1000円以下でこれほどハイクオリティな「うな丼」が食べられるのは、コスパ面で非常に優れていると思いました。

ただ、筆者は日本酒を入れて炊いたお米と一緒にうなぎを食べたいタイプです。このうな丼は味付けがされていないお米だったので、そこは残念でした。

◆ローソン「金しゃりおにぎり 九州産うなぎ」298円

お次は、ローソンが7月20日に発売したうなぎが入ったおにぎり「金しゃりおにぎり 九州産うなぎ」。

肩から羽織ったカーディガンのような海苔の巻き方になっています。なんだかオシャレですね。

パッケージに“おにぎり屋厳選 国産米使用”と記されているように、とにかくお米の魅力が凄いです。まんべんなくタレがしみ込んだお米は、一粒一粒がしっかり立っており、非常に贅沢な味わい。

そして、真ん中にギュッとつまったうなぎは、量自体は少ないですが存在感は十分。噛む度にうなぎの味が口の中に広がります。個人的には、今回紹介した4商品の中で一番コスパが良いと思うので、ぜひオススメしたいです。

◆ファミリーマート「ごちむすび 炭火焼うなぎ」240円

7月20日に発売されたファミリーマートのちょっと贅沢なおにぎり「ごちむすび 炭火焼うなぎ」。

値段はこちらの方が50円くらい安いですが、パッと見はローソンの「金しゃりおにぎり 九州産うなぎ」と同じようなビジュアルです。

価格帯的にも見た目的にもローソンの「金しゃりおにぎり 九州産うなぎ」と比較してしまうのですが、味は薄味です。タレが染み付いているうな丼が好きな人はローソン「金しゃりおにぎり 九州産うなぎ」、タレが少なめのうな丼が好きな人はファミリーマート「ごちむすび 炭火焼うなぎ」をオススメします。

また、中のうなぎはフワッとしており、松屋の「うな丼」のような食感。米のクオリティはローソン「金しゃりおにぎり 九州産うなぎ」が上ですが、全体的にバランスの良いおにぎりと言えます。

◆ファミリーマート「うなぎ蒲焼風かまぼこおむすび」120円

最後に紹介するのは、7月6日にファミリーマートが発売した「うなぎ蒲焼風かまぼこおむすび」。パッケージに「うなぎは入っておりません!」としっかり記載されている通り、うなぎを使用していないからこそ、120円と非常に財布に優しい値段になっています。

「金しゃりおにぎり 九州産うなぎ」と比較すると、全てのお米にタレが付いたているわけではなく、海苔もないので寂しさを覚えます。

焼きおにぎりのような醤油の香りが食欲をそそります。また、真ん中に“うなぎ蒲焼風かまぼこ”があるのですが、あまり量はないため“うなぎの食感を楽しみたい人”にはオススメできません。

ただ、量は少ないですが、うなぎのタレがかまぼこに染み付いており、“うなぎ風味”は十分に味わえます。「うな丼なんてタレを食うようなもんだろ!」とワイルドな感性の持ち主であればバッチリ満足できるのではないでしょうか。

◆ローソンの「金しゃりおにぎり 九州産うなぎ」がコスパ一番!

筆者の感想としては、今回紹介した4商品の中で最もコスパが良いと思ったのがローソン「金しゃりおにぎり 九州産うなぎ」(298円)でした。各商品とも値段が良い感じでバラバラなので、土用の丑の日に対する思い入れが強めの人は松屋へ、そこまででもない人はローソンへ、あまりない人はファミリーマートに足を運びましょう!

<写真・文/網島レイビン>

【網島レイビン】

ライター兼動画編集者。グルメ系やテック系などの記事を執筆する傍ら、シナリオライティングや動画編集もちょくちょくやっています。

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ