『推しの王子様』垣間見えた渡邊圭祐の努力にドキッ<第2話あらすじ>

#ドラマに恋して

※画像は『推しの王子様』公式Instagram(@oshi_no_oji)より

 

比嘉愛未さん主演、渡邊圭介さん、ディーン・フジオカさん共演で話題の『推しの王子様』(フジテレビ系、毎週木曜よる10時)。その第2話が7月22日に放送されました。

 

『推しの王子様』ってどんなドラマ?

『推しの王子様』は『マルモのオキテ』などを手掛けた阿相クミコさんも演劇コントユニット「大人カフェ」の伊達さんによる完全オリジナルストーリーです。

比嘉愛未さん演じる主人公の日高泉美は乙女ゲームを手掛けるベンチャー企業の社長。自分の理想のキャラクター「ケント様」と恋に落ちるゲーム『ラブ・マイ・ペガサス』が大ヒット、泉美自身も経営者として注目を集めています。

そんな泉美の前に、ある日突然、男性が「空から舞い降りて」きます。その男性・航(渡邉圭介さん)は泉美の推し「ケント様」にそっくりで……。

しかし、似ているのは外見だけ。中身は無作法で、無教養、無気力。がっかりする泉美でしたが、航と話をしているうちに、彼を理想の男性に育てることを決意するのです。

泉美が社長の務める「ペガサス・インク」の副社長兼ディレクターの光井にディーン・フジオカさん、企画制作部の面々に瀬戸利樹さん、徳永えりさん、佐野ひなこさん、谷恭輔さんらが出演。

航を理想の王子様を育てることを決意した泉美。『推しの王子様』の第2話はどのような展開となったのでしょうか。あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第2話のあらすじは?

IT系ベンチャー企業「ペガサス・インク」の女性社長・日高泉美(比嘉愛未さん)は、自ら開発に携わったスマホ用アプリ『ラブ・マイ・ペガサス』に登場する王子様・ケントに首ったけ。ある日、突然の出会いとなった五十嵐航(渡邉圭祐さん)がそのケントに瓜二つであり、彼自身は中身が全くイケてないのだが、本人の希望もあり「ペガサス・インク」に入社させる。泉美は彼を理想の「推しの王子様」にすべく、育てていく事を決意したのだ。

 

しかし航は、その期待を裏切るかのような言動を見せ続ける。日本語が理解できなくて社員たちとの会話が微妙に成立せず、ビジネスマナーも全くなっていない。仕事中に無気力な様子を醸し出し、しまいにはプランナーの有栖川遼(瀬戸利樹さん)から「やる気がないならもう来るな、迷惑だ」とまで言われてしまう始末。泉美も頭を抱えてしまう。

 

そんなある夜、仕事からの帰り道で泉美は、航が野宿をしようとしている姿を見かける。「今まで漫画喫茶に泊ってたけど、給料が月末にしか入らないからそれまでの間」と言う航に対し、泉美は無理やり自宅に航を居候させるようにした。

 

一方会社では取引先との商談において、その場所にフランス料理店が指定される。そして何と、先方から「航も同席させてほしい」との要望が入った。航が「王子様・ケント」にそっくりだという情報が入り、ファンだという先方の社長の娘が同席したいとリクエストが入ったのだ。これに泉美はまたしても頭を抱える。ビジネスマナーすらなっていない航にフランス料理を食する際のマナーを仕込もうと、会食当日まで必死のレクチャーが始まった。

 

そして迎えた当日。不器用ながらも必死にマナーをこなしていった航だが、食材を相手の顔に飛ばしてしまうという最悪の結末となり終了。

 

しかし同フランス料理店には、かねてより泉美が出資を依頼していた「ランタン・ホールディングス」の代表取締役社長・水嶋十蔵(船越英一郎さん)も、泉美の元同僚・井上(池田良さん)と商談で来店していた。航の失態で落ち込んでいたところ、水嶋・井上と鉢合わせに。以前アポ無し開発資金の出資要請を懇願した泉美に興味を持ったという水嶋。改めて商談の場を設ける話になり、喜ぶ泉美であった。

 

そして商談がうまく行かなかった井上はというと泉美に八つ当たり。女性社長への偏見など嫌味を言う井上に、航は水をぶっかけ反撃してしまうのであった。

 

泉美と航は逃げるように退散。失敗しながらも一生懸命にマナーを覚えてくれた航を見直し、航も泉美が頑張っている姿を見てこれまでの姿勢を改める事を決意。ぶしつけな態度だったことを社員の前で謝罪するとともに、ビジネスマナーを懸命に覚えようとするのだった。

 

航の行動のすべてにハラハラする……!

本格的に航を育てるため、動き出した泉美。

見た目はすんなり理想の「ケント様」になるわけですが、中身のほうは……。なにせ、知らないことが多すぎます。

「気に留めておいて」が航にかかると「木に留めておいて」に変換されてしまう。

「ペガサス・インク」に入社したものの、敬語は使えないし、電話対応もできません。漢字も知らないから、メールの内容もなんだか変……。

取引先の娘さんが『ラブ・マイ・ペガサス』の大ファンということもあり、会食に同席することになりますが、案の定フレンチのマナーなど知るはずがなく……。覚えなければならないことの多さに航は疲労気味です。

とはいえ、こうなってくると航の育ってきた環境が気になるところ。夢を持つことを自分に禁じているような、人生を諦めてしまっているような、そんな雰囲気さえ感じます。

でも、ここまでではなかったけれど、「ドジッ子」的なキャラクターは今までにもたくさん登場してきていたんですけど、ここまで頼りないと愛嬌では済まされないですね……。さすがに。

 

 

成長が垣間見えた第2話

しかし、航も成長ゼロというわけではありません。泉美や「ペガサス・インク」の面々と接することで少しずつ「努力をする」ということから学び始めます。何かと「めんどくさい」で済ませていたのが「人を不快にしないのがマナー」と泉美に教わって、考えも変わっていきます。

そんなとき、会食の帰りに泉美の元同僚、井上と鉢合わせます。取引がうまくいかなかった井上は泉美に八つ当たり。「女社長だから」「お前は何もやっていないくせに」と言いたい放題。そんな井上の頭に水差しの水をかけ「人を不快にしないのがマナーだと教わりました」と航。なんだこのスカッとシーン!!

航が泉美の言葉を心に留めていたこと、泉美が井上の言葉で不快に思っているのを察したこと、そしてそれが航にとっても不快だったこと。それらが総合されて。キュンとできるシーンにもなっているという……良いシーンだったぜ……。

 

それにしても、航の今のマナーって下品だったり、間違いなく不快なものが多いはずなんだけど、渡邊圭祐さんのビジュアルが良すぎて、その不快さが薄らぐ……隠しきれない上品さのせいでしょうか。こうなってくるととことん王子様に育て上げられたときにどうなるのか見てみたい!

 

 

どうなる第3話!?

新作の乙女ゲーム制作の出資のため、「ランタン・ホールディングス」に企画書を提出しますが、次々と無理難題を吹っ掛けられ……。

また航も少しでも役に立てるようにと、ITに関する専門用語などを学び始めますが、苦戦。

新規事業はどうなるのか、そして航はさらに成長をみせるのか……第3話も見逃せません!

 

 

見逃し配信サービスも!

第2話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で1無料で配信。さらに『FOD』でも配信(有料)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『FOD』

 

過去放送分もチェック

『推しの王子様』第1話あらすじ

 

※本記事内のTwitterは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ