生後1週でお乳が出た男児、世界で2%の稀なケースだった(米)

誕生したばかりの赤ちゃんの乳房が膨らみ、お乳が出始めたという非常に珍しい症状に困惑したアメリカの母親は、「何らかの異常があるのでは?」と医師の診断を仰いだ。しかし赤ちゃんは病気ではなく、治療や検査も必要がないことが判明した。『Mirror』『The Sun』などが伝えている。

米インディアナ州エバンズビル在住のヴァネッサ・モランさん(Vanessa Moran、28)は昨年6月1日、次男のキーラン・シェリル君(Kylan Sherrill)を3543グラムで出産した。

キーラン君は健康そのものだったが、生後1週になると胸が膨らみ始めた。ヴァネッサさんは「誕生時のキーランは乳首が陥没していたの。でも1週間経つと、乳房がぷっくりと膨らみ始めたのよ。変だなと思っていたらその数日後、今度はお乳が出始めたの」と当時を振り返り、このように続けた。

「赤ちゃんがお乳を出すなんて聞いたことがないから、ショックでどうしていいのかわからずパニックに陥ったわ。あの子の父親もショックを受けていた。私はキーランが感染症にでも罹ったか、命に関わる病気なのかではと心配でたまらなくなって病院へ連れて行ったの。」

ところがヴァネッサさんは、病院で「キーラン君は全く問題ないですよ。キーラン君の症状は男の子、女の子に関係なく、世界で2%の確率で起きるもので心配はいりません。ただあと2か月以上この状態が続くようなら、専門家に診せて下さいね」と言われ、困惑したという。

実は新生児の乳首から出る乳汁は「魔乳」と言われ、誕生前に母親から受け取った女性ホルモンの影響で起こるという。つまり妊娠中にエストロゲンなどのレベルが高くなると、母親の胎盤から血流を通して胎児に運ばれる。そして誕生後は、赤ちゃんの身体に残った女性ホルモンが乳腺を刺激して乳汁が分泌されるというのだ。ただ魔乳は一時的なものなので何もせずに放っておくことが一番の対処法で、強く触ったり絞ったりすると乳腺を傷つけるためNGだという。

ヴァネッサさんは「母乳がいっぱいになると乳房が張って痛くなるでしょう。それと一緒でキーランも胸が痛かったのでしょうね。よく泣いていたわ。だからしばらくは温かい布を胸に当てて対処したのよ」と明かし、こうも語っている。

「当時5歳だったイザヤ(Isaiah)は、弟の乳房が普通と違うのを見て不思議に思い『ママ、キーランは自分のお乳を飲むことができるの?』と聞いてきたわ。私が母乳をあげているのを知っていたからでしょうね。」

「でもキーランが生後1か月半になると、それまでの胸のふくらみがなくなり、お乳も出なくなったの。本当にホッとして息子が健康でハッピーなことを嬉しく思ったわ。」

ちなみに魔乳についての知識が全くなかったヴァネッサさんは当初、息子の珍しい症状について家族の一部にしか話をしていなかったというが、「これをきっかけに多くの人に魔乳について知ってもらいたいわ!」と述べている。

画像は『Mirror 2021年7月18日付「‘My baby boy developed breasts and began leaking milk when he was week old’」(Image: Kennedy News and Media)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ