修理負担は<大家or自分>?賃貸マンションのエアコンが壊れた場合

日刊Sumai

エアコンが壊れた
家を借りるときは、賃貸借契約が結ばれます。この契約により賃貸の対象となっているものが壊れてしまったら、大家さんに直してほしいと言える権利があります。
では、エアコンが壊れた場合も、直してもらえるのでしょうか?
今回はその境界線の問題です。

あなたが借りているマンションのエアコンが壊れてしまいました。借りるときに不動産屋さんから説明を受けた重要事項説明書の設備の欄には、エアコンは書かれていませんでした。ただし契約書を見ると、「サービス品」と書かれています。修理してもらえるのでしょうか?

では、さっそく答えを解説していきます。
賃貸借の対象になっていれば大家さんが修繕費用を負担してくれる
エアコン修理
賃貸物件を探すとき、「オートロック」とか「宅配ロッカーあり」というように、その物件に決めるかほかの物件にするかの判断材料になる情報が書かれています。
同じようにエアコン有無も書かれていることが多いですが、ここで注意が必要です。
エアコンが賃貸物件の設備の対象になっているもの、つまり賃貸物件用にあらかじめ取りつけられているものなら、大家さんが修繕費用を負担するのが原則です。ただし勝手に直すのはNG。管理している不動産会社か大家さんに伝えて直してもらいます。
今回の問題では、重要事項説明書の設備の欄にはエアコンは書かれていませんでした。このようなことは、珍しいことでありません。その場合はどうなるでしょう?
「サービス品」「残置物(ざんちぶつ)」と書かれている場合は要注意

答え…自分で修理代を出さないといけない

請求書
前に住んでいた人がエアコンを取りつけ、出ていくときに残していくケースがあります。借りている人にとっては、取り外し新たな場所に取りつけるのが負担になることも。大家さんにとっては、十分に使えるエアコンなら、残していってもらった方が、次の借り手を見つけやすいと判断することも。そこで、このようなことが往々にして起こります。
こういう場合、契約書には「サービス品」とか「残置物」などと書かれます。
賃貸借の対象ではなく、あくまでサービスでついているだけ、前に住んでいた人が置いていったものなので、大家さんには修理しなければならないという義務はありません。
原則は借りている本人が修理を依頼し、その費用を負担することになります。
もし、家を借りることがあるときは、このような細かい部分にも十分に注意してください。
隣地から枝や根っこが伸びてきたら切っていい?知りたい人はこちらも!

相隣関係の問題
切ってOKなのはどっち?お隣の木の枝と根が、自分の敷地に侵入してきた
画像/PIXTA

当記事は日刊Sumaiの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ