北陸 台風8号 火曜から水曜に最接近 対策は月曜日のうちに!

日直予報士

台風8号は27日から28日頃に北陸地方に最接近する見込みです。その影響は、はじめは沿岸部を中心とした北よりの強風や高波、その後は短時間の局地的な強い雨、日本海に進んだあとは南風の山越え気流が風下で昇温するフェーン現象もありそうです。常に最新予報に基づいて対策をお願い致します。

●27日~28日を中心とした北陸への影響

大型の台風8号は、25日(日)18時現在、南鳥島近海を時速15キロの速さで北上しています。今後も発達しながら、日本の東の海上を北西に進む見込みです。27日(火)には、関東から東北に接近・上陸するおそれがあります。その後も北西に進みながら次第に温帯低気圧に変わり28日(水)頃には日本海に進むと予想されています。
26日(月)は、海上を中心に北よりの風が次第に強まりそうです。沿岸部では高潮や高波にも注意が必要です。また、夜遅くには多くの所で雨が降りだすでしょう。
27日(火)は、雨が断続的に降り、局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所もありそうです。大気の状態が非常に不安定となる予想で、落雷やひょう、竜巻などの激しい突風にも十分注意して下さい。この雨は28日(水)にかけて降りやすく、26日(月)18時から27日(火)18時までに予想される24時間降水量は、多い所で50から100ミリと予想されています。台風の勢力や進路によっては更に降水量が増え、新潟や富山を中心に警報級の大雨となる可能性があり要警戒です。
台風8号はいつもと異なる東から西よりに進むという異例の進路で北陸地方に近づく見込みです。いつもと違う状況になる可能性があり、風の強まり方や雨の降り方などに十分注意して下さい。

●29日以降はフェーン現象による高温にも注意!

台風8号は28日(水)頃には日本海に進み、次第に温帯低気圧へと変わる見込みです。ただ、その後も今月末頃にかけて日本海に停滞し、低気圧に向かって南から暖かい空気の流れ込みが続くでしょう。北陸地方では、強い日差しが照り付ける中、南風の山越え気流が風下で昇温するフェーン現象となり、最高気温が35度以上となる猛暑日の地点が増えるでしょう。暑さが一段と厳しくなることが予想され、熱中症には十分な注意が必要です。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ