便秘&ぽっこりお腹を解消! 1日5分、簡単“腸もみ”7種

ananweb

心も体もリラックスできる、基本の腸もみ7種とは? 腸もみエステ「リープル」代表の川村衣里奈さんが教えてくれました。
「どの腸もみも、痛みのない範囲で行うことが大事です。とくに小腸は神経細胞が集まっているところ。ごりごりと押さず、優しくケアを。また、腸は息を吐いている時にリラックスするので、呼吸も大切。鼻からゆっくりと吸ったら、その倍の時間をかけて口から細く吐き出すようにしてください」

■ 基本の腸もみ7種

「体調に合わせて好きなものを選んでOKです。いつ行ってもいいですが、リラックス効果が高いので寝る前がおすすめ。1日5分のナイトルーティンに、ぜひ」

■ 腸もみ1:小腸ツボ押し

おへそまわりのツボを優しく刺激して、血行促進、睡眠の質も免疫力もアップ!

1.仰向けに寝て両膝を立て、おへその下に両手を当てる。息を鼻からゆっくりと吸う。

【OK】

4本の指を平らにして当てる。指先は重ねても。

【NG】

指を丸めた状態は指先が腸に食い込むので避けて。

2.息を吐きながら両手の指でお腹をゆっくりと押す。拍動を感じたらゆっくりと指を離す。へその右、上、左と順番に移動しながら同じように行う。3回繰り返す。

■ 腸もみ2:大腸ガス抜き

腰をつかむ&軽く打ち付ける動きで、大腸に溜まったガスを追い出す。

1.仰向けになって両膝を立て、膝からへそが一直線になるようにお尻を持ち上げる。両手で腰骨をつかむ。鼻からゆっくりと息を吸う。

2.口からゆっくりと息を吐きながら、ウエストをぎゅっとつかむ。

3.そのまま尾てい骨を床に軽くぶつけるようにお尻を落とす。10回繰り返す。

■ 腸もみ3:大腸ほぐし

最後の「曲がり角」をぐっと刺激。詰まりを除いてお通じをスムーズに。

1.足を広めに開いて椅子に座り、利き手で拳を作って左の腰骨に当てる。もう片方の手を上から重ねる。鼻から息をゆっくりと吸う。続いて、口から息をゆっくりと吐きながら、拳を挟むようにして上体を前に倒す。

2.自然に呼吸しながら、手のひらで押しつつ拳を時計回りに3度回す。

3.優しく圧をかけながら、へその下へと拳を移動させる。

4.そのまま真下に流すように、拳を滑らせる。3回繰り返す。

■ 腸もみ4:小腸さすり

小腸を優しくさすって血流アップ。お腹が温まり、リラックス効果抜群。

1.仰向けに寝て両膝を立て、おへその下に両手を重ねる。息を鼻からゆっくりと吸う。

2.口から息を吐きながら、両手でお腹をゆっくりと押す。

3.硬い部分に行き当たったら、優しく圧をかけながら両手でお腹を左右にゆっくりとさする。

4.へその右、上、左と順番に移動しながら同じように行う。3回繰り返す。

■ 腸もみ5:腸寄せ

むくんで広がった大腸を、寄せてさすって血行促進、冷え知らずの体に。

1.仰向けに寝て両膝を立て、腰骨の内側に、V字を作るように両手の小指側面を当てる。鼻からゆっくりと息を吸う。

2.口からゆっくりと息を吐きながら、V字をキープしたまま両手をへそに向かって寄せる。

3.へそを挟むようにしたまま、両手を右にゆっくりと移動させる。

4.続いて左へ。3往復したら一度休み、これを5回繰り返す。

■ 腸もみ6:胃のツボ押し

食べすぎて下がってしまった胃をケア。ムカムカ解消、腸への流れもスムーズに。

1.右を下にして横向きに寝る。背中を丸めて膝を軽く曲げる。鼻から息を吸い、続いて口からゆっくりと息を吐きながら、みぞおちの下に左手の指先を差し入れ、優しく3回ほど押す。

2.肋骨に沿って少しずつ下へと位置をずらし、2~3か所を押す。3回繰り返す。

■ 腸もみ7:腸持ち上げ

硬く張って下がった腸を持ち上げ、気になるぽっこりお腹を解消。

1.仰向けに寝て両膝を立て、へそから指2本分下の部分に両手の指先を当てる。鼻からゆっくりと息を吸う。

2.口からゆっくりと息を吐きながら、指先を沈み込ませる。

3.腸をへそに寄せるように引き上げ、息を吐ききったら5秒キープ。これを5回繰り返す。

ブラトップ、レギンス 上下セットで¥7,900(YES/KIT)

川村衣里奈さん 腸もみエステ「リープル」代表。腸ケアで自らのアレルギー症状が軽減した経験から、一路、腸研究の道へ。著書に『どんどんくびれる! 3分腸もみ』(幻冬舎)。

※『anan』2021年7月28日号より。写真・中島慶子 スタイリスト・白男川清美 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) イラスト・別府麻衣 取材、文・新田草子

(by anan編集部)

当記事はananwebの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ