【アプガ(仮)インタビュー2】新体制初のシングルをリリース「“これが新しいアプガ(仮)なんだぞ!”という意識がすごく高まりました」

GirlsNews


アイドルグループ・アップアップガールズ(仮)の新体制初となる両A面シングル『一歩目のYES!/宣戦 Brand New World!』が7月27日に発売される。この新曲についてリーダーの関根梓さんに、そして自身初のオリジナルシングルのリリースとなる古谷柚里花さん、工藤菫さんに、込めた思いを聞くとともに、新体制になり半年が過ぎたグループの変化や成長を探った。

ニューシングル『一歩目のYES!』について詳しく語ったインタビューPart.1

--さて今回はニューシングルの一曲『宣戦 Brand New World!』についてうかがいます。この曲は、アプガ(仮)が本来持っている攻めた姿勢を感じさせる一曲ですね。

関根梓「これまでのアプガ(仮)の攻めている感じはあると思いますが、今までのアプガ(仮)に似ているような似てないような、そんな感じですね。パフォーマンス自体も、全面的にぐいぐい攻める感じでもないので、真新しいアプガ(仮)の攻め方ができたという感覚です」

工藤菫「『一歩目のYES!』とは正反対な感じだったので、こんなにしょっぱなから二つの新しい顔を見せられるのかと嬉しかったです。関根さんも言われたように、やっぱり攻め曲ではあるけど、また新しいアプガ(仮)感があって、こういう形で新体制では攻めていくのかと思いました」

古谷柚里花「初めて『宣戦 Brand New World!』を聴いたときには、強気なイメージを感じるけど、いい意味で余裕をもった強さというか、“見てな、私たちのことを!”というようなイメージで、最初の頃の精一杯全力でぶつかっていくイメージのアプガ(仮)とは違うなと感じました。また新しい攻め方を新しいアプガ(仮)でできるんじゃないかなと思いました」

--ライブでのお客さんの評判は?

工藤「ダンスも今までのアプガ(仮)とちょっと違う感じだったので、『すごくカッコいいね』っていう声が多かったです」

--『一歩目のYES!』も含め、やっぱり自分たちのオリジナルだと、より意識が高まりますか?

古谷「そうですね、すごく変わりました。歌うときやダンスをするときにより感情を込めやすくなりました」

工藤「うちらのオリジナルとして披露できるのは、本当に嬉しいし、“これが新しいアプガ(仮)なんだぞ!”という意識がこの2曲を歌うことによってすごく高まりました」

--この2曲を、これから夏にかけてライブやイベントで披露する機会が多くなりそうですね。

工藤「楽しみ! 私、夏大好きなんで! “夏こそ汗かいていこうぜ!”って感じなので、超楽しみです! 特に野外ライブが本当に楽しみです。灼熱の太陽の下で歌いたい!」

--いいですね、楽しそうで。しゃべっている感じからすでに楽しそうです(笑)。

古谷「私たち、まだお客さんの声援の中でライブをしたことがなくて、お客さんの歓声を聞いてみたいという思いもあります」

--アプガ(仮)のライブはメンバーとファンの一体感が持ち味ですからね。ライブやイベントを重ねるごとに、お客さんの顔、自分を推してくれる人の顔を覚えてきましたか。

古谷「Twitterとかで自分の名前を“推し”って書いてくれているのを見ると嬉しくなります!」

工藤「アプガ(仮)のファンの方はTシャツがわかりやすいので、客席に(仮)って見えると対バンライブでも安心できます。“あ、(仮)T着ている人いっぱいいる!”って」

--前面に(仮)と大きくプリントされた、自分の推しのメンバーカラーのTシャツを着るのが、昔からアプガ(仮)ファンの特徴ですよね。さて新メンバーの二人にとって今の自分の課題に感じることは?

古谷「パフォーマンス中の見せ方というのは、やっぱりライブを重ねるごとに気になってきました、最初は全力でできることだけをやってたので、それが伝わったらよかったんですけど、回数を重ねるごとに、お客さんからの、一人のアイドルとしての自分の見え方が気になるようになりました、ダンスの見え方とか、歌っているときの表情とか。そういうものからお客さんをもっと引きつけなくてはならないのかなと思って。歌っているときの目線をどうしたらいいかと考えたり……」

--それについて自分なりに研究してる? 関根さんやほかのメンバーのパフォーマンスを見ながら。

古谷「関根さんが映っている映像をたくさん見て研究しています。“こういうときこんな表情をしてるんだ”とか」

工藤「単独ライブだと、アプガ(仮)のことを見たい人が来てくれていると思うんですけど、対バンライブだと(仮)だけのお客さんじゃないので、(仮)ファンじゃないお客さんも楽しめるように、どんどん、煽りだったり、見せ方も研究していきたいなという思いが強くなりました。やっぱりアプガ(仮)という名前は知っていても、8人体制になったということを知らない方は多いと思うので、“これが新しいアプガ(仮)です”というのをもっともっと認識してもらいたいという思いが強くて……。会場が(仮)のお客さんだけじゃなくて、みんなが盛り上がっている状態にしたいなと思っています。そうなるには見せ方も大事だと思うし、メリハリがあるのがかっこいいなとかいろいろなグループを見てて思うので、これからフェス出演などで、そこを意識してやっていきたいと思います」

--いろいろなグループと会うから刺激を受けるかも。二人に限らず新メンバーがライブを楽しめるように?

関根「だいぶ素直に出すようになりました、自分の気持ちを。最初は緊張して身体がこわばって、上手く自分の本領を発揮できずに……ということが多く見られたんですけど、最近はいい意味で気にせず、みんなそのときそのときのライブをその場に合わせてすごく楽しんでいるなと思います。その気持ちをお客さんに届けて、お客さんが受け取ってくれて、両者ともから楽しさが溢れてきているなと思います」

--新体制がスタートして半年以上、チームのまとまりもでてきましたか?

関根「まとまりつつ、個々が暴れつつ……という感じですね(笑)」

--アプガ(仮)ってそもそもこじんまりまとまるイメージではないですからね。

古谷「アプガ(仮)としてのまとまりはあるんですけど、一つの個性には絶対にはまらない(笑)」

--すでにこの二人(古谷・工藤)だけでもまとまってない(笑)。

工藤「みんな自分が変だと思ってない(笑)」

古谷「自分は普通だと思っている(笑)」

--今後やってみたいことは?

工藤「ツアーで地元の関西に行きたい! そして47都道府県行きたい!」

--その先には新体制初、そして関根さんにとって2度目の武道館ワンマンも。

関根「武道館は、新体制が活動を始めた今年1月から公言してるのですが、私はその景色を見られたら次の人生に行こうかなと思っております。今の新体制の目標としては武道館を満員にすること! 前のアプガ(仮)を超えるというのが私の目標なので、それを達成するまではしばらくアイドル続けさせていただきます」

古谷、工藤「頑張ります!」

(インタビュー・終)

アップアップガールズ(仮)両A面シングル『一歩目のYES!/宣戦 Brand New World!』は7月27日、T-Pallete Recordsより発売。

その他、アップアップガールズ(仮)についての詳細は公式サイトにて

http://www.upupgirlskakkokari.com/

アップアップガールズ(仮)プロフィール

http://yum-e.jp/talent/up_up_girls/

当記事はGirlsNewsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ