金太郎飴(きんたろうあめ)

numan


「金太郎飴」(きんたろうあめ)とは、どこを切っても同じ顔が出てくる飴細工。ここから転じて、乙女ゲーム界隈で「どのキャラクターを選んでも同じ展開になる」ことを金太郎飴的シナリオと呼ぶようになった。
意味「金太郎飴」(きんたろうあめ)は飴細工のひとつで、日本の昔話に登場する「金太郎」の顔が出来上がる様に組み合わせたもの。
頭から端まで、どこを切っても同じ顔が出てくる。

ここから転じて、乙女ゲーム界隈で「どのキャラクターを選んでも同じ展開になる」ことを金太郎飴的シナリオと呼ぶようになった。どんな展開が「金太郎飴」?簡単な例をあげると、
「攻略対象と出会う→トラブル発生→結ばれる」というおおまかなシナリオがあった場合、どの攻略対象を選んでも

「出会い頭でぶつかった→親友と取り合いになる→結ばれる」のように同じ道筋を辿ってしまうことをいう。なぜ金太郎飴ルートに気づくのか?乙女ゲームでは、複数もしくはすべての攻略対象を順にプレイするユーザーが多い。

もちろん攻略対象によって台詞の差異は存在するとはいえ、全体的な展開が同じではさすがに飽きてしまうだろう。

当記事はnumanの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ