イチローが明かした“違う領域”打撃理論をアノ捕手OBが動画回顧!

アサ芸プラス


 元プロ野球選手の西山秀二氏といえば、中学時代には巨人で活躍した桑田真澄氏とバッテリーを組んだことでも有名で、南海ホークス、広島東洋カープ、読売ジャイアンツとセ・パ3球団を渡り歩き、捕手としてベストナイン2度、ゴールデングラブ賞2度の表彰を受ける活躍ぶりだった。

その西山氏が、主に日本ハムファイターズで活躍した元プロ野球選手、片岡篤史氏のYouTubeチャンネル〈片岡篤史チャンネル〉に出演。「現役時代に、すごいと思ったバッター」を問われたところ、3度の三冠王に輝いた落合博満氏や、清原和博氏、前田智徳氏、金本知憲氏など名球会入りしたレジェンドの名前が挙がる中、イチロー氏はさらに「違う領域」とし、そのバッティング理論の秘密に迫った。

7月3日付け〈【最終章】「わけのわからない打者?」西山秀二さんが選ぶ捕手から見て歴代素晴らしい打者について〉と題して公開された投稿回を観ると、振り子打法のイチロー氏は、一見、前方に突っ込んでいるように見えるのだが、変化球にも対応し、しかもバットの芯で変化した先のボールを打ち返していることから、「普通ありえへんのよ」と西山氏。後日、イチロー氏に訊ねたところ、体はタイミングを取って先に出していくが、バッドのヘッド、もしくはグリップは最後まで残したまま、変化した先まで目で追っていき、「ここだ!」といったタイミングでバットだけそこへ出していくのだと語ったそうだ。

「日本のプロ野球の指導者は、早くバットを出せって言うじゃないですか。ヘッド絶対出しちゃダメなんです。その教え方してる限り、メジャーのピッチャー打てないです」ともイチロー氏が持論を明かしたという西山氏。

もっとも、理論を知ったからと誰もが実現できるわけではないだろう。天才イチロー氏らしい発言と言えそうだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ