「人狼ゲームやろうよと言うんです。2人で」娘が考案した驚きのルールとは…


7月16日(金)、ジョイマン・高木がブログを更新。娘と人狼ゲームをした際のエピソードを披露しました。

難しすぎるゲームの内容とは?


出典: おこがましいけど愛させて

高木は「2×2は難しい」と題したブログを更新。娘から人狼ゲームに誘われたことを報告し、「僕もそんなに詳しくはないのですが、2人で出来るもんじゃあないですよね、確か」と疑問に思ったようで「2人でやるの?」と娘に確認したそう。

すると娘は「1人2役でやろう」とのこと。そこで、「くじ引きで役職を決めたのですが、僕は人狼と村人の2役をやりました」と、1人2役という難解な人狼ゲームを行なうことになったと言います。

しかし、「書いててもよく分からないのですが、やっててもよく分からなかったです」と、2役でゲームを進めたものの、ルールを理解できないまま終わったことを告白。

最後に「またやるかどうかは分かりませんが、とっても楽しかったです」と、理解できないながらも楽しい時間だったと綴りました。

娘の学校での“失態”を報告


今回一風変わった人狼ゲームを行なった高木。以前には娘の参観日での失態を報告し、反響を呼びました。

高木は授業参観の日にちを勘違いして、通常の日に学校に行ってしまったとのこと。続けて「うっかり 印度カリー」と定番のギャグで、うっかりミスをしてしまったことを伝えました。

そんな高木に対し、ファンからは「ガチな「なんだこいつ~!!」状態」とジョイマンのネタに掛けたツッコミが寄せられていました。

今回は、娘とハイレベルな人狼ゲームに挑戦したエピソードが明かされた投稿でした。

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ