マズい~!!間違えてママ友に送っちゃった「誤爆LINE」

恋愛jp


今は送信取り消しの機能があるとはいえ、気をつけないといけないのが誤爆LINE。
下手したら、今まで築き上げてきたママ友との関係も一気に崩れてしまいます。

今回は、間違えてママ友に送っちゃった「誤爆LINE」について見ていきましょう。

(1)ママ友の悪口


他のママ友に誤爆してしまうならまだしも、文面にある悪口の張本人に誤爆……。
それまで苦手なりに頑張ってお付き合いしてきたのに、自ら台無しにしてしまいます。

よく思っていないことがママ友にバレることにより、ママ友との間に距離ができるだけならいいです。
しかし場合によっては、他のママ友に届いたLINEを見せられ、仲間外れにされてしまうこともあるので注意しましょう。

(2)旦那に送りたかったイチャLINE


いくら仲良しのママ友だったとしても、旦那に送るイチャイチャLINEを誤爆してしまうのは恥ずかしいもの。
次会ったときに、「旦那さんとラブラブね♡」ってからかわれてしまうかもしれません……。

とはいえ、他に紹介している誤爆LINEに比べたら平和なLINEでしょう。
きっと誤爆してしまったママ友に、ラブラブで羨ましいと思われるはず!

(3)悪気なくママ友の秘密をもらしてしまった


ママ友があなたに秘密を打ち明けたのは、信用してくれているからです。
それなのに、うっかり他のママ友宛に秘密を話してくれたママ友と勘違いして誤爆。

あなたは勘違いから送ってしまったものの、ママ友からすると裏切りです。
仕方ないよね……で済まされない事柄なので、気をつけましょう。

(4)不倫相手に送ったはずが……


不倫相手へのLINEをママ友へ誤爆してしまう人もいるようです。
内容によっては、「旦那さん宛かな?」とあなたにとって都合のよい捉え方をしてくれることも。

しかし厄介なのが、「旦那は今日は出張でいないから♡」というような内容を誤爆した場合です。
もし誤爆LINEを送ったママ友の中に、正義感の強い人がいれば、旦那さんにバラされてしまうかもしれません。

ママ友とも、場合によっては旦那さんとの夫婦関係にも亀裂が入ってしまう誤爆LINE。
お酒を飲んでいるときなどは、冷静ではないのでLINEを送らないほうがいいでしょう。

送信取り消し機能があるとはいえ、誤爆したことに気づかない可能性もあるので注意しましょうね。

(恋愛jp編集部)

当記事は恋愛jpの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ