若者に人気「弁当箱炊飯器」で、50代の食生活が快適。時間とお金の節約に

日刊Sumai

サンコー 2段式超高速弁当箱炊飯器
年を重ねれば重ねるほど、暮らしの道具や家電など、使い慣れているものを使い続けるのが当たり前に思いがち。ですが、若者のひとり暮らし仕様で人気の弁当箱炊飯器を導入したら、「予想以上に便利だった」と語るのは、ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さん。
およそ50代の暮らしにはほど遠い家電。家事の手間を省いてくれて、家計にもうれしい効果をもたらしてくれたそう。その使い心地を教えてもらいました。
少量のご飯がおいしく炊ける!弁当箱炊飯器が便利すぎ
お米を炊きながらおかずもつくれるとSNSで話題の「サンコー 2段式超高速弁当箱炊飯器」。一見すると、お弁当箱にしか見えないけれど、立派な炊飯器です。
炊けるのは、0.5~1合と少量ですが、50代になって食事の量が減ってきている今、1人で0.5合でも多いくらいなので、この量はありがたい。
サンコー 2段式超高速弁当箱炊飯器は使い方簡単!
使い方はとても簡単。下段の器にお米と水を入れ、中ブタとトレーをのせます。トレーにおかず食材を入れたら、フタをしてスイッチオン。
スイッチ
お米を浸して約15~20分で炊き上がります。同時におかずも完成!
保温状態の緑のランプ
その後は自然に保温状態になるので、蒸らし時間10分ほどでおいしいご飯ができ上がります。
炊き上がった白米
見た目と構造がシンプルなつくりなので、これでおいしく炊けるのかしら?と疑問でしたが、炊きたてのご飯はとってもふっくら!炊飯器や鍋で炊くご飯と遜色ありません。
雑穀米
雑穀米も試しましたが、普通においしく炊けました。
雑穀米とシューマイ
ご飯を炊く蒸気でおかずも同時にできるので、食材さえ入れてしまえば、あとは勝手に食事をつくってくれるというわけです。忙しい日のランチにもうってつけ。手軽でおいしくて、なおかつ、お弁当として持ち運びもできるのですから、人気なわけです。
鮭蒸し
コンビニおかずや冷凍食品、レトルトものを温めるほか、温野菜や鮭のムニエルなど蒸し料理もできます。
手間とお金の節約にも!
レトルトカレー
たとえばレトルトカレーをつくるとき。電子レンジを使うにしても、別鍋でお湯を沸かして温めるにしても、電気代やガス代もかかり、洗い物も増えます。この調理家電を使えば、炊飯と同時に温められるので、そのぶん、手間と光熱費が節約できます。
この炊飯器は消費電力が185Wなので、1か月毎日使うとして、1日1.66円(※)×30日=約50円。月の電気代50円ほどで炊きたてのご飯が食べられる計算です。
※1kWhの電気代27円、1日1回20分使用するとして計算
もしこれを普通の炊飯器で行うとしたら、電気代は50円ではすまないでしょうし、冷凍ご飯をレンジで解凍するより経済的です。
あと片づけも時短で収納も省スペースに!
およそ炊飯器とは思えない形でも、使ってみたら食事の支度が一気にラクになりました。たとえば炊飯器のお手入れは、パーツや内ブタといった細かい洗い物が複雑で、きちんと洗えているのか気になります。
容器を洗う
弁当箱炊飯器なら、炊飯器を洗うというよりはお弁当箱を洗うというくらい簡単。本体ごと丸洗いできるのであと始末もラク。
パッキンを外したところ
パッキンも外れるのでカビの心配もなく清潔を保てます。炊飯器がお弁当箱のような形なので、そのまま食べられて、洗い物も最小限ですみます。たくさん炊いて冷凍保存するより、その都度炊きたてを食べられて、洗い物もラクというのは、50代からの食卓にピッタリだと思いました。
棚に収納
さらに、炊飯器だと置く場所を選びますが、約幅240×奥行100×高さ113㎜のサイズ感は、収納にも困りません。
50代は、今まで暮らしてきた経験値から、当たり前や常識に縛られて、なかなか新しいものを取り入れることがなくなりがち。ですが、アイデア商品や便利家電を試してみると、暮らしがラクになることもあると実感しました。思い込みを捨てて柔軟性をもつことも、50代からの暮らしには必要なんですね。
●教えてくれた人/田川瑞枝さん
ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザー、ファイリングデザイナー。モノの片づけを通して、生き方の整理整頓を伝える「思考の整理収納塾」代表。時間管理、書類の整理、家計管理、住育、防災片づけ、ワークライフバランスなどのアドバイスも。ブログ「思考の整理収納塾~Sapporoちょこ*スタイル~」を更新中

当記事は日刊Sumaiの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ