シンセサウンドをかき鳴らせ! シンセサイザーを演奏できるエレキギター「EURUS GS-1」

eurus_gs-1_img_movie
Image: BOSS

Bluetooth MIDIコントローラにもなるみたい。

シンセサイザーといえばピアノのような鍵盤で演奏することが大半ですが、コイツは違います。BOSSの「EURUS GS-1」はエレキギターにシンセサイザーを組み込み、ギターならではの演奏方法でシンセサウンドをかきならせる1本なのです。

モダンなダブルカッタウェイボディから響き渡るのがエレクトリック・ピアノだったりサックス。これは新しい奏法にチャレンジしたくなりますね。



シンセ音を作るには、スマホアプリの「GS-1 Editor」を使います。スマホと通信することにレイテンシーが気になるギタリストもいるでしょうけど、ご安心を。
eurus_gs-1_content_photo_02
Image: BOSS

音そのものはEURUS GS-1に6つまで登録して、切り替えながら使うことができます。またSYNTH CTLノブをクリっと回すことで演奏中でもパラメータを変えられます。
eurus_gs-1_content_photo_01
Image: BOSS

しかし各部を見ると、コイツがシンセだとは思えなくなりますなあ。
eurus_gs-1_content_photo_05
Image: BOSS

トラディショナルな作りだから、新たに操作方法をマスターするべく特訓しなくてもすぐにジャカジャカ鳴らせちゃう。ほかのバンドとは違う音を追い求めているギタリストのみなさま、いかがでしょうか?

Source: BOSS

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ