明石家さんま、IMALUをブチ切れさせた“財産の使い道”発言

アサ芸プラス


 明石家さんまが7月17日放送の「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)に出演。テレビ番組で自身の財産を国に寄付すると発言したことにより、娘のタレント・IMALUが週刊誌の直撃を受けたことについて触れた。

さんまは4日放送の「週刊さんまとマツコ」(TBS系)で、「俺もマツコも、今持ってるお金を全部、国に寄付しようとしてんねん」「金残したところでロクなことにならへんからやな。 娘とか息子に」とコメント。

それに対しIMALUは7日、自身のインスタグラムのストーリーズを更新。「現場から出ようとしたら週刊誌の人に声かけられる さんまさんが財産を全額国に寄付すると言ってますがどう思いますか? それについて本人と話しましたか? 私によこせって思いませんか? だと…笑」と、質問された内容を明かし、「本人のお金なのでどう使うかは本人の自由です と答えておきました」としていた。

さんまはこの日、「財産どうのこうのでネットニュースになってしまって、IMALUに大変迷惑をかけてんねんけど。IMALUが部屋から出たら、記者が待っていて『財産もらえませんよ』とか言うて…」とIMALUについて言及。

続けてさんまは「(発言は)2週間も前やねん。テレビで『オレとマツコは国に寄付します』 というのをやって。何回も(取材に)来るから、IMALUもキレたんでしょうね。『遺産なんかいらねえし』って。怒ってるんです。『ねえし』が出たらもう怒ってるんです。だから、オレもビクビクして、いまLINEできないんです。ごめんなって言おうと思ってる矢先に『いらねえし』…。娘のことを思ってそうしてんねんけども」と告白した。

また、自身の財産について「みんなが思ってるほどないです。みんながどう思ってるか知らんけどもそれほどない。だって家も建てたし、オーストラリアに別荘もあるし。あとは違うところに投資したりもしてるんで」と明かした。

IMALUとしてはいい迷惑だったのかもしれないが、「財産いらない」ときっぱり言い切ったのは立派ではないか。

(鈴木十朗)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ