楽しいだけじゃない...!「恋の辛さ」を実感する瞬間4選とは?

ハウコレ



恋愛中は楽しいこともあれば、辛いこともありますよね。その辛さに耐えられないために、恋愛をお休みしているという女性もいるのではないでしょうか。

恋愛が上手くいっていて楽しい時には、恋の辛さを忘れてしまうものです。しかし、ふとした瞬間に思い出すこともあります。世の女性はどんな時に恋の辛さを感じているのでしょうか?

そこで、恋の辛さを実感する瞬間について紹介します。

■悪い想像をする
彼氏や好きな人からの連絡が途切れた時に、悪い想像をすることもありますよね。その瞬間に、恋の辛さを感じるという女性は多いです。悪いことで考えがいっぱいになり、心が辛くなってしまいます。

自分のただの想像なので、実際には悪いことなど起きていないことがほとんどです。忙しかっただけといった理由で返事が返ってこなかっただけなのに、嫌われたかもしれない、他の女といるのかもしれないと考えてしまうのです。

■話せない日が続いた
お互いのタイミングが合わずに、話せない日が続いたときに辛さを感じることもあります。会えないどころか電話することもできず、話したい気持ちが募っていきます。

少しでも話すことができたら、気持ちが落ち着きます。しかし、電話をかけても繋がらなかったり、かかってきたタイミングで手が離せないなどのすれ違いの時間が長くなると、ずっともやもやし続けることになります。

■彼女ができた
好きな人に彼女ができたときに、恋の辛さを実感する女性は多いです。衝撃が強すぎて、何も手につかなくなってしまうという女性もいるのではないでしょうか。

いつか自分が彼女になりたいと思ってアプローチしてきたことも報われません。好きな人が他の女性を大切にしている姿を見て、心が締め付けられるということもあるでしょう。

■禁断の恋
好きな人には奥さんがいるなど、どう頑張っても付き合うことのできない恋愛をしているときに、辛さを感じることは多いです。

好きになってから奥さんがいることを知った場合、大きく膨らんだ気持ちを無理矢理抑えなければいけません。話せてうれしいけれど喜んじゃいけないという葛藤と戦わなくてはいけなくなるのです。

■幸せなことを思い出そう!
恋が辛くて耐えきれないという時は、恋をして楽しかったことを思い出しましょう。辛いことで頭がいっぱいにならないように、恋のいいところも考えるのです。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ